NEWS

D’Angeloのドキュメンタリー「Devil’s Pie」がTribecaで初公開される。新アルバムがリリースされる可能性

 

 

4月27日に行われたインディペンデント映画祭「Tribeca」にて、D’Angelo(ディアンジェロ)のドキュメンタリーが初公開された。曖昧な形ではあるが、2014年にリリースされた「Black Messiah」に続くアルバムがリリースされる可能性を示すようなエンディングとなっていたようだ。BillboardがRCA Recordsにコメントを求めたが、リリース予定日についての答えはなかったということが報道されている。

 

関連記事: D’Angeloが5年振りの新曲「Unshaken」をリリース。レッド・デッド・リデプションⅡサウンドトラックに収録の楽曲

 

ドキュメンタリーのタイトルである「Devil’s Pie」は、D’Angeloのアルバム「Voodoo」に収録されている楽曲から名付けられている。

 

またTribecaにてドキュメンタリーが初公開された際に、作品の監督を務めたCarine Bijlsmaが、Q&Aに答えている。その中で彼女は「彼は現在とても調子がいいし、今後を楽しみにしている。ここ数週間スタジオにもいた。未来に向けて大きなプランがあるようだ。これから世の中は、もっと彼の姿を見ることになるだろう」と語った。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE