NEWS

XXXTentacionの死について書かれた本で明かされた真実。殺害の理由やボディーガードを雇わなかった理由など。

 

 

2年前の6月、米ラッパーのXXXTentacionが、フロリダ州のモータースポーツショップに立ち寄った後、帰り際に二人組の男に銃撃されて亡くなった。彼の死について書かれた新書「LOOK AT ME! The XXXTENTACION Story」によると、彼の死の原因となったのは、彼の車であるBMW i8が容疑者たちの目に留まったことのようだ。

 

 

同書の24章によると、被疑者の一人であるDedrick Williamsは、Xが保護観察官との面会に訪れていたとあるビルにて、彼を見かけたようだ。当時、Xは住居侵入の罪に問われ、またDedrick Williamsは違法薬物の売買の罪に問われていた為、二人はそれぞれ保護観察期間を過ごしていた。保護観察官との面会場にて、Dedrick WilliamsはXを偶然見かけ、その際Xの豪華な車が目に入り、記憶に留めておいたようだ。

 

関連記事:XXXTentacionの「Bad Vibes」のフェイス・タトゥーに込められた意味とは?

 

筆者はその後の展開について以下の様に書いている。

 

「彼は、駐車場に停めてある車から降りてきたのがXXXTentacionだと気付いた。1月18日に、Williamsは殺害現場となったRiva Motorsportsの近くのBank of Americaで、またXの車を見かけたようだ。そこで、Williamsは他の3人の容疑者に連絡を取った。」

 

 

「表向きには、彼らがXに近づいたのは、彼が本当にX本人であることを確かめるためであったと公開されている。バッグを渡せという要求を聞かずに、彼らを困らせたために、Xを殺害したと思われる。」

 

ウィリアムズは逮捕直後、Riva Motorsportsの近くにいたことを否定していたが、その後、娘と一緒に近くにいたという内容に証言を変更している。しかし、その後の取り調べにて、Xが銃撃された店の防犯カメラに写っていたTrayvon “Tray” Newsome容疑者と、Michael Boatwright容疑者と現場にいたと自白した。

 

「ウィリアムズの態度は即座に否定から後悔へと変わり、事件の日からずっと寝れなかったと語った。」「彼は『密告屋』だと言われることを恐れて、真実を伝えられなかったと語った。」

その後、警察がWilliamsの家と車を捜索した際に、現場で発見された薬きょうと一致する銃弾が発見された。

 

 

Xの死に関して浮かび上がるもう一つの疑問が、彼の身辺警護についてである。著者によると、Xは個人的な理由でボディーガードを雇っていなかったようだ。

 

「悲しいことに、Xは仕事仲間からの『フルタイムでボディーガードを雇った方が良い』というアドバイスを、無視していたようだ。彼はファンとの交流を重要視し、Members Only(Xが所属していたヒップ・ホップ・クルー)のRyanは『彼はファンたちに邪魔だと思わせないという理由でボディーガードを雇っていない』と語っていた。」

 

Xの事件に関与したと思われている4人は、依然として拘留されている。Williamsは今年の4月に、拘置所内で新型コロナウイルス感染者が出たことを受け、自宅軟禁を要求したが、拒否されている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE