NEWS

【元ネタ紹介②】有名ヒップホップ曲とサンプリング元ネタを5つ紹介。50 Cent、ドクター・ドレー、ATCQ、タイラー・ザ・クリエイターなど

 

 

サンプリングはヒップホップにおける重要な要素の一つである。70年代前半にニューヨークのサウス・ブロンクスにて生まれたヒップホップは、既存の楽曲のブレイク部分を2つのターンテーブルで繋げる手法で人々を踊らせたのもあり、ヒップホップ・ビートにおいてサンプリングは欠かせない要素となっている。サンプリングへの愛を語るプロデューサー/アーティストは多く、EvidenceやDJ Premierはサンプリングという手法を「アート」と呼んでいる。そんなヒップホップの名曲へと生まれ変わった、元ネタの名曲たち5つ紹介したい。

 

【関連記事】有名ヒップホップ曲とサンプリング元ネタを5つ紹介。N.W.A.、ケンドリック・ラマー、Jay-Z、スヌープ・ドッグなど

 

・50 Cent – In Da Club(2003年)

 





元ネタ:The Miami Bass DJ’s – The Birthday Jam (It’s Your Birthday)(1994年)

 





1994年にリリースされた楽曲。こちらは「Go grandad / grandma, it’s Your Birthday(おじいちゃん、おばあちゃん、誕生日だよ!)」とサビで繰り返す陽気な楽曲であるが、50 Centは2003年の「In Da Club」でこのフレーズを「Go shawty, it’s your birthday」に変えて新たな曲を生み出しており、愛欲まみれたハードなパーティーについてラップしている。

 

 

 

・Dr. Dre – The Next Episode(2000年)

 





 

元ネタ:David McCallum – The Edge(1967年)

 





故David Axelrod(デイビッド・アクセルロッド)が手掛けたこちらの楽曲は、Dr. Dreのヒット曲「The Next Episode」で全面的ににサンプリングされている。デイビッド・アクセルロッドは実は元々サンプリングが大嫌いで、生前のコンサートにて彼が「私はサンプリングというものが大嫌いだった。ミュージシャンの仕事を奪っていると思っていた。でも実際にはサンプリングのおかげで”全部Fuckだ!”って言えるレベルのお金が入ったんだよ。だから私は今ではサンプリングを愛してる。ありがとうドレー。」と語ったというエピソードがある。

 

 

 

・A Tribe Called Quest – Can I Kick It?(1990年)

 





元ネタ:Lou Reed – Walk on the Wild Side(1972年)

 





ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのボーカリスト/ギタリストとして活躍をしたレジェンド、故Lou Reed (ルー・リード)の楽曲。ベースのサウンドが印象的な「Walk on the Wild Side」は彼の2ndアルバム「Transformer」に収録されており、同アルバムはDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)とMick Ronson(ミック・ロンソン)がプロデュースを手がけたことでも知られている。

 

 

 

・The Notorious B.I.G. – Juicy(1994年)

 





元ネタ:Mtume – Juicy Fruit(1983年)

 





Mtumeが1983年にリリースした「Juicy Fruit」はBillboard Hot Black Singlesで8週に渡り1位にチャートインしたヒット曲である。

 

 

 

・ Tyler, the Creator – WUSYANAME(2021年)

 





元ネタ:H-Town – Back Seat (Wit No Sheets)(1994年)

 





テキサス州ヒューストンのR&Bグループ、H-Townの楽曲。タイラー・ザ・クリエイターは、新アルバム「CALL ME IF YOU GET LOST」に収録されている楽曲「WUSYANAME」で「Back Seat (Wit No Sheets)」をサンプリングしている。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST