NEWS

音楽プロデューサーが1億円を稼ぐまでのメンタリティを語る。「俺は自分がカニエ・ウェストといつか曲を作ると信じていた」

 

 

50 Cent、Ludacris、J. Cole、Drakeなどのプロデューサーとしても知られる!llmind。彼は、自分をプロデューサーとして成功したのには、偶然や運ではなく「信念」が重要だったと、そのメンタリティをDJBoothにて語っているので紹介したい。

 

関連記事: 凄腕プロデューサーThe Alchemistがサンプリングの極意を語る。「最も偉大なサンプルを追い求める」

 

始めに彼は家族の影響で音楽に興味を持ち始め、レコードプレイヤーなどから耳にする楽曲に対して「彼らはどうやってこのような音を作っているのだろう?俺もやってみたい」と考えるようになったと話している。

 

そうして完成した楽曲たちを!llmindは「ughh.com」や「okayplayer.com.」などのウェブサイトのコミュニティ・フォーラムに投稿するようになった。このときに初めて得た「このビートは素晴らしいよ!」というコメントは!llmindを最高の気分にさせたが、彼は自身の楽曲が素晴らしいと「信じること」が出来ていなかったため、不安も感じたらしい。たった一つのコメントが人生の軌道を変えるきっかけになるとは、このときの自分は知らなかったと彼は続けている。

 

1日2~6曲ほど制作し、そのうちの1つを、毎日フォーラムに投稿するようになった!llmind。最初は「このビートのメロディが好き」と言ったポジティブなコメントと、「このビートはゴミだ」というネガティブなコメントが半々だったらしい。しかし、毎日学び、楽曲を投稿し続けることによって60%、70%と、ポジティブなコメントのが割合が増えていったようだ。!llmindは、このことが自信の向上に繋がり、自分が良いプロデューサーであると「信じ始めた」と語っている。このように、事実に基づいた自信であったということが重要であるとも彼は説明している。

 

!llmindは「お前はよくやってるよ」と自分を励ますようなものではなく、毎日の努力から実際に成果を得たことによって「信念」が生まれ、その信念が成功に繋がったと語っている。

 

「俺は自分がカニエ・ウェストといつか曲を作ると信じていた。実際にそうなった。俺はJ. Coleといつか曲を作ると信じていた。実際にそうなった。DrakeやJay-Zと曲を作ると信じ、実際に曲を作った。いつか映画作品の楽曲をプロデュースすると信じ、モアナやブラック・パンサーの楽曲をプロデュースした。これ以外にもまだまだ、達成したいことはたくさんある。俺が伝えたいのは、信念は本当にあるものだ、ということなんだ。我々は、誰かが自分の人生を変えてくれると思い、機会を与えられるのを待ってしまいがちだが、実際のその逆だ。周りにある外の世界を変えるために、その内側を見なければいけない。」

 

現在では、「Blap Kits: Producer drum kits」のようなサンプルパックなどによって1億円以上を稼ぐようになった!llmind。偶然や運ではなく、毎日ひたむきに学び続け楽曲制作を繰り返したことによって得た成果が自分の自信となったと語った。

 

 

Shares
VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING