NEWS

ウータン・クランのODBの息子Young Dirty Bastardが父について語り伝記ドラマの配役を批判。「彼は最も清き心を持った人だよ。」

 

 

Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)の元メンバーである、故Ol Dirty Bastardの息子、Young Dirty BastardがAllHipHipTVのインタビューに答えた。

 

関連記事: Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)のメンバーの息子たちが「2nd Generation Wu」というグループを結成

 

YDBは、生前の父が誤解されていたと話す。

 

「俺の父はいつだって、地域などに還元してきた。例えば、外でお腹を空かした子供が凍えていたとしよう。彼は、すべての金をポケットから出し、それを子供に与えるんだ。みんなは俺の父を汚え野郎だとか言うが、彼は最も清き心を持った人だ。彼は天才だった。みんな誤解していたんだ。彼はリーダーでもあった。」

 

また彼は、ウータン・クランの伝記ドラマである「Wu-Tang: an American Saga」のキャスティングについても「ODB役はマジで俺を選んだほうがよかったと思うよ。俺はその役を毎日、人生の中でやってきてるからな。」と語った。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST