FEATURES

Post Maloneをチェックすべき5つの理由

text: Shiho Watanabe

 

ロックやカントリーの要素も含むハイブリッドなHIPHOPアーティストとして大きな注目を集めるPost Malone。デビュー曲「White Iverson」や、「Congratulations feat. Quavo」などヒット・シングルの数々が収録されたデビュー・アルバム『Stoney』も大好評だった彼が、2018年、新たなビッグ・ウェーヴを巻き起こす。今のうちに知ってしておくべき、Post Maloneにまつわる5つのチェック・リスト!

 

 

1. もともとはメタルに憧れるロック少年だった!

 

Post Maloneが音楽に憧れたきっかけは、ズバリ、メタル系などのハードコア・ロック・バンドの数々だった。15歳の頃には、地元・テキサス州ダラスのハードコア・バンドであるCROWN THE EMPIREのギター・メンバーを募るオーディションも受けたほど。とただ、オーディション中にギターの弦が切れてしまって失格になってしまったとか。ちなみに、ギター演奏のスキルは音楽ゲームの「ギターヒーロー3」とYoutubeで学び、パフォーマンスにおいてはAC/DCやMetallicaにインスパイアされたそう。のその他、影響を受けたアーティストにはBob DylanやMarilyn Mansonら、伝説的なロックスターの名を挙げている。

 

 

 

2. Soundcloudにアップした「White Iverson」で一躍ブレイク!

 

HIPHOPの早耳リスナーに一躍その名を広めたきっかけとなったのが、2015年2月に彼のSoundcloud上にアップされた「White Iverson」。コーンロウを編んだ自分のヘアスタイルが、まるでNBA選手のAllen Iversonを想起させることから作った楽曲だそう。アップロード後、瞬く間に100万回以上の再生回数を叩き出し、その数ヶ月後の7月にはYoutube上にMVをアップ。さらにその翌月、2015年の8月にはすでにメジャー・レーベルのRepublic Recordsと契約を交わすという超スピード・デビューとなった。「White Iverson」はこれまでにストリーミング・サービス上では合計400万回以上の再生回数を誇り、デビュー・シングルとしては異例のロングラン・ヒット曲に。

 

 

 

3. ジャスティン・ビーバーからカイリー・ジェンナーまで…煌びやかなセレブ人脈

 

活躍の場を広げつつあったPost Maloneの武器といえば、煌びやかともいえる人脈の数々。Justine BeiberのInstagramに登場したかと思えば、彼のPurpose Tourのフロント・アクトとして出演したり、Kylie Jennerのバースデー・パーティーに出席したことがきっかけで、Kanye Westのアルバム『The Life Of Pablo』にも参加を果たした。HIPHOP界きっての幸運の持ち主とも言えるかも。

 

Silly people’s

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿 –

 

happy birthday

Postyさん(@postmalone)がシェアした投稿 –

 

 

4. シングル「Rockstar」は異例の記録を持つモンスター・ヒット曲

 

2017年9月に発表されたシングル「Rockstar feat. 21 Savage」は、当時、アメリカのみならずオーストラリアやカナダ、ポルトガル、スウェーデン、UKなど世界中の複数国でチャート1位を制したビッグ・ヒット曲。さらには発売初週におけるApple Musicでのストリーミング再生回数が2500万回を記録し、当時最大の再生回数記録となったほか、Billboard Hot100においては8週連続ナンバー1を記録。加えて、2017年の年末に発表されたSpotifyのグローバル・チャートでは108週にわたってランクインし、2017年、最も聴かれたラップ・ソングとして認定された。再生回数は6億5000万回にものぼり、1日あたり約400万回も聴かれた計算になる。今後、新たなアルバムを引っさげて更なる記録記更新なるか?

 

 

 

5. 2ndアルバム発表、さらには初来日公演決定へ!

 

長く待たれていたセカンド・アルバム『Beerbongs & Bentleys』をいよいよ4月27日に発売すると発表したPost Malone。すでにシングル「Rockstar feat. 21 Savage」、「Psycho feat. Ty Dolla Sign」が軒並みヒット中ということもあり、前作以上に期待できる内容になりそう。

 

 

また、アルバムの興奮も冷めやらぬ中、待望の初来日が決定したとの知らせが。なんと、舞台はFUJI ROCK FESTIVAL’18。今年はすでにKednrick LamarやAnderson. Paak、そしてN.E.R.Dらの出演も発表されている中、さらにヒップホップ熱を高めてくれる超重要アクトになりそうだ。果たして、どんな初来日パフォーマンスになるのか楽しみなところ。

Shares

RELATED POSTS