NEWS

Black Eyed Peasのwill.i.amがフライト中に差別的な扱いを受けた事件の詳細を語る。ツイッターの反応は?

 

 

Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ)のメンバーであるwill.i.am(ウィル・アイ・アム)が、フライト中に差別的な扱いを受けたことについて、ツイッターにて語った。

 

関連記事: Black Eyed Peasが最新シングル「Big Love」をリリース。問題提議をしつつ、「愛」の重要性を語る楽曲

 

はじめに彼は、以下のように語っている。

 

「俺はいま、ブリスベンからシドニーに向かう飛行機に乗っている。俺とそのチームが、攻撃的なフライトアテンダントによって最悪なサービスを受けたことについて報告しないといけない。残念だよ。彼女がレイシストだとは思いたくない。だが、彼女が有色人種を狙って苛立ちをぶつけているというのは、明白だった。」

 

それからしばらくして、will.i.amは警察の写真と共に文章を投稿し、フライトアテンダントの名前も公開した。

 

「これが、ブリスベンからシドニーへ渡ったときの出迎えられ方だ。差別的なフライトアテンダントの名前は、Lorraine Marshallだ。ノイズキャンセリング・ヘッドホンを身につけたままビートを制作していたため、俺は機内放送を聞き逃した。彼女はそれが原因で警察を呼んだ。」

 

その後will.i.amは、他の乗客が証言者となり状況を説明したため、警察から解放されることとなったと話し、「彼女は制御不能だった」と続けている。

 

will.i.amの一連のツイートについて「ウケるわ。ただ仕事をしてただけの人を狙って名前を公開するのはどうかと思うよ」とリプライしているツイッター・ユーザーに対して以下のように答えた。

 

「ノイズキャンセリング・ヘッドホンを身につけていたがために機内放送を聞き逃した乗客に警察を呼ぶのが、適切な対応だと思うのか?急降下中にノートパソコンを仕舞わなかったとかならもちろん理解できるよ。」

 

他にも彼は機内での安全に関する説明を聞いていなかった訳ではないことを説明し、周りへの注意は怠っていなかったということも強調した。

 

また、あるツイッター・ユーザーはwill.i.amに対し「同じ飛行機に乗っていたけど、信じられないほどにおそろしい態度のフライトアテンダントだった。オーストラリアを代表として謝罪させてほしい。」という返事をしている。

 

彼は「彼女が白人至上主義者だったと言いたいんじゃないんだ。彼女は機内の有色人種たち全員を困らせていた。他の乗客も、彼女は手がつけられないということについて同意見だった。」とも説明している。

 

「俺は飛行機から降りてから、5人の警察に脅された。何故だ?ノートパソコンを仕舞うように言われ、その通りにしたし、何をしたっていうんだ?」

 

またwill.i.amは「ヘイトを送るのはやめてほしい。このような暴言などはサポートできない。」とコメントしており、フライトアテンダントに対する攻撃的なコメントは止めるように警告している。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING