NEWS

フェティ・ワップが勢いを失った理由を語る。「やっと音楽に集中することができる」

 

一時期、スーパースターとしての地位を確立していたラッパーのFetty Wap(フェティ・ワップ)。2015年のセルフ・タイトルアルバムに収録されている「Trap Queen」はBillboardのHot 100チャートで2位を獲得し、グラミー賞も獲得するなど、前途有望に見えた。しかし、その後リリースした楽曲はチャートにランクインすることもなく、当時の勢いは今では見られない。

 

彼が勢いを失った理由について問うたインスタグラムのコメントに返信したフェティ。彼は以下のように語った。

 

「良くないマネージャー…欲と自己中心的な心だ…でも、それももうすぐ終わる。俺はいらないものを周りから排除した。やっと音楽に集中することができる…そして俺は成長している、見てろ。」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ Akademiks(@akademiks)がシェアした投稿

 

2020にも多くの楽曲をリリースしたフェティだが、彼が最後にチャートインしたのは、2018年にTekashi 6ix9ineの楽曲「Keke」に参加したときであった。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST