NEWS

13年前に亡くなったジェームス・ブラウンの死因が何者かによる殺害である可能性が浮上。

 

 

ヒップホップ音楽の元となり、多くの音楽のブループリントとなったファンク・ミュージック。そのゴッドファーザーと言えばJames Brown(ジェームス・ブラウン)であることは周知の事実である。

 

彼の楽曲をサンプリングしたヒップホップ曲は多く、彼の存在がなければヒップホップは生まれていなかったであろう。

 

そんな偉大な人物の死から13年が経ったいま、ジェームス・ブラウンの死因が心不全ではなく、何者かによって殺害された可能性が浮上している。

 

CNNの取材に応じたJacquelyn Hollanderという女性は、1988年にJBから性的暴行を受けたと主張しており、彼女はその証拠を集めている時に、彼の死因にまつわる情報を得たと語った。

 

彼女は、JBの3人目の妻Adrienneの死因にまず着目した。Adrienneの医者が、彼女の薬を別のものとすり替えたことによって彼女が死亡したのだとJacquelyn Hollanderは説明している。

 

そこから調査を続けたJacquelyn Hollanderは、JB本人の死にも共通点が多く、12人ほどの人物が関わっている可能性があるということも、CNNに語った。

 

容疑者の一人として真っ先に疑われたのが、JBの医者の一人であるMarvin Crawfordである。しかし、彼は今回実際にCNNのインタビューにも応じており、彼は「患者の一人として、彼が亡くなることは予測すらしていなかった。でもあの晩、彼は亡くなってしまったんだ。そこで生まれた疑問は、あの部屋で何が起こったんだ?ということだった。」と説明している。

 

実際の事実関係は現在不明だが、CNNで行われた取材の全文はこちらのリンクからチェックすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS