NEWS

Dr. Dreがエンジニアとしてミキシング・スキルを身につけることになったきっかけを語る。

 

 

待望の最新アルバム「Oxnard」が11月16日にリリースされるアンダーソン・パーク(Anderson .paak)。そんな彼がホストを務めるBeats 1のラジオ番組「.Paak House」に、伝説のプロデューサーPete Rock(ピート・ロック)とDJ Premier(DJプレミア)の二人がゲストとして訪れた。

 

彼らは、番組の放送中にDr. Dre(ドクター・ドレー)に電話をかけ、伝説のプロデューサーが3名も参加することになった。その内容もあり、今回のエピソードは非常に豪華な内容となっているので紹介をしたい。

 

会話の中でドレーは、ミキシング・スキルを身につけることになったきっかけや、ミックスした音源をどのようにテストしているのかを語った。

 

 

「俺はDJの後は、元々エンジニアとしてキャリアをはじめたんだ。だからプロデューサーになろうと思う以前から、ミキシング・ボードに恋をしていた。」

 

元々ミキシング・ボードに魅力を感じていたと語ったドレーだが、エンジニアを目指していた当時の地道な努力な、現在の自分を作ったのだと、ドレーは以下のように説明している。

 

「音楽プロデューサーになるなんて思ってもいなかったよ。俺はエンジニアになるんだって思っていたんだ。凄まじい時間をミキシングに費やして、ひたすら練習を続けてスキルを磨いてきた。だから現在の自分がいるんだと思う。そのための基盤があったからな」

 

またドレーが語った中でも印象的だったのが、彼がミックスした音源を車の中でチェックしているという内容だ。

 

「車の中て自分のミックスを聞くことが多い。なぜなら、俺は車の中で音楽を聴いてもらうために曲を作っているんだ。多くの人は、車のなかで音楽を聴く時間が一番長いからだ。クラブは行くとしても、週に1日か2日だろう。でも車には毎日乗る。だから俺はそのような場所で聴くための音楽を作っているんだ」

 

ドライブ中か一番音楽が聞かれると説明し、そんな車内に適したミックスを目指していると語った。

 

ドレーの最新の活動としては、Anderson .Paakの最新アルバム「Oxnard」のミックスだけでなく、収録曲に参加もしているため、そちらの面でも同アルバムのリリースに期待だ。

Shares

RELATED POSTS