NEWS

Juice WRLDが「Lucid Dreams」の元ネタであるスティングのチームから訴えられる可能性が浮上

 

 

Juice WRLD(ジュース・ワールド)のアルバム「Goodbye & Good Riddance」に収録されている楽曲、「Lucid Dreams」。こちらの楽曲はSting(スティング)のヒットソング「Shape Of My Heart」を使用しており、スティング本人もJuice WRLDの楽曲を「美しい解釈の仕方だ」と評価している。

 

そのようなこともあって、本人公認かと思われていた「Lucid Dreams」だが、この度スティングのチームが訴える可能性がでてきた。

 

同曲のプロデューサーであるNick Miraは、ツイッターにて「スティングもそのチームもクソだ。直接サンプリングしたのではなく、付け加えているのに85%の売り上げだけでなく、全てを取れるように法廷まで行こうって話まで出ているんだ」という内容の投稿をしており、憤りを感じている様子がうかがえる。

 

一方、Juice WRLD本人はこのことをあまり悪い方向には受け止めていない様子で「大金を失ったり、大金を稼いだり。この楽曲が人々に与えたポジティブなインパクトはあまりに大きく、落ち込んだり怒ったりするには楽曲が与えてくれたものがあまりにも多い。稼ぐお金は常にあるんだから、それを稼ぐだけだね!」とツイートしている。

 

実際にスティング本人か、あるいはレーベルからの訴えかは不明だが、彼らの続報を待ちたい。

 

両者の楽曲は以下のリンクから視聴することができる。

 

Shares

RELATED POSTS