NEWS

【入門】多くのヒップホップ曲の元ネタになったP-Funkの総帥ジョージ・クリントン。彼をサンプリングした曲と元ネタを紹介

 

 

ファンクは、70年代前半に生まれたヒップホップに多大な影響を与えており、今まで多くのプロデューサーたちがファンクミュージックをサンプリングしてきた。特に90年代にDr. Dreが作り上げたG-Funkの時代は、ParliamentとFunkadelic(P-Funk)の音楽を多くサンプリングしており、いかにP-Funkがヒップホップに影響を与えたかがわかる。そんなP-Funkを率いるファンクの総帥George Clinton(ジョージ・クリントン)と、彼の音楽をサンプリングしたラップソングをTone Deafがまとめているため、そちらにいくつか付け足して紹介したい。

 

関連記事: スヌープ・ドッグがファンクレジェンドジョージ・クリントンの長いキャリアの秘訣を語る。「彼は次の世代を否定しなかった」

 

ジョージ・クリントンはP-Funkのゴッドファーザーとして知られており、彼はジェームス・ブラウンと並んでファンクの重要人物として知られている。

 

Dr. Dre、Ice Cube、Snoop DoggなどのアーティストはP-Funkを度々サンプリングしているだけではなく、ジョージ・クリントン本人とも頻繁にコラボしている。近年では、Kendrick Lamarの大ヒットアルバム「To Pimp a Butterfly」の1曲目「Wesley’s Theory」にてジョージ・クリントンがフィーチャーされている。そんなジョージ・クリントンの入門として、彼をサンプリングしたヒップホップ曲を紹介したい。

 

【Funkadelic – Get Off Your Ass and Jam】

 

 

Public Enemy – Bring The Noise

 

N.W.A. – 100 Miles And Runnin’

 

 

 

【Funkadelic – Good To Your Earhole】

 

 

 

Childish Gambino – Riot

 

 

 

【George Clinton – Atomic Dog】

 

 

Ice Cube – My Summer Vacation

 

Snoop Dogg – Who Am I (What’s My Name)?

 

2Pac – Holler If Ya Hear Me

 

 

 

【Funkadelic – (Not Just) Knee Deep】

 

こちらの楽曲は、先程紹介したスヌープ・ドッグの「Who Am I」でも使用されている。

 

De La Soul – Me Myself And I

 

Dr. Dre – Fuck wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)

 

 

 

【George Clinton – I Didn’t Come Rhythm】

 

Nas – Represent

 

 

 

【Parliament – Flash Light】

 

 

Snoop Dogg – Stoplight

 

Redman – So Ruff

 

 

 

【Parliament – Mothership Connection (Star Child)】

 

 

Dr. Dre – Let Me Ride

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST