NEWS

スヌープ・ドッグが「セルアウト」せずにお茶の間に愛されるラッパーになれた理由。彼が出演した様々なCMも紹介

 

 

1993年にデビュー・アルバム「Doggystyle」をリリースした、ロングビーチ出身のSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)。Dr. Dreの「The Chronic」に大きくフィーチャーされ、世に出たギャングスタ・ラッパーであるが、今ではCMを始め、テレビ、映画、YouTubeまで、幅広く活躍しており、ここまでお茶の間に愛されるラッパーは歴史上いなかったと言っても過言ではない。こうしてマルチに活躍するラッパーは、Sellout(金儲けの為に理念を捨ててしまう人)と呼ばれてしまうことがあるが、スヌープはここまでメインストリームな活動していても、セルアウトと言われることは少ない。その理由について議論している米メディアHipHopDXの動画を紹介したい。

 

 

 

 

もちろん90年代や2000年代前半はギャング出身のラッパーとして、大ヒットを飛ばしていたが、実際に彼が「ラッパー」としてではなく「キャラクター」として知られるようになったのが、2008年からだと言われている。彼は2008年にCashmere Agencyというマーケティング・エージェンシーと契約した。そのエージェンシーはスヌープ・ドッグの強烈な「キャラ」で、ブランドのマーケティングができると考えたらしい。

 

 

そこから彼は広告の世界で台頭を表すようになる。スヌープは今までにPepsi、Colt 45(ビール)、バーガーキング、ダンキン・ドーナッツ、トスティトス(チップス)など、様々なCMにキャスティングされている。食品以外にも、自動車保険会社The Generalのコーマーシャルや、TomTomという会社と契約を結び、同社が作っている自動車用GPSの声を担当したりと、実に様々な分野で活躍している。

 

 

 

 

 

 

また彼は「Law & Order」などのドラマ、ゲーム番組の司会者、「Family Guy」などの人気アニメーション、その他にも数々の映画に出演している。タレントのMartha Stewartと共に料理番組をやっていることは有名だが、最近は彼女とセットで別の番組やコマーシャルに出演することもあるようだ。

 

 

 

 

 

もともとはギャングスタ・ラッパーであり、決して家族向けの印象があるわけでもないが、スヌープがこうしてメディアに引っ張りだこになっている理由について、動画では「彼の飾らず、どんなときでもスヌープ・ドッグでいるところ」が評価されているのではないかとしている。スヌープはどんなコマーシャルや番組に出演しても、ディレクターが指示するキャラではなく、常に自分自身である「スヌープ・ドッグのキャラ」で出演しているのが特徴だ。作られていない「リアル」さを求める現代に、これが提供できる人材として、スヌープは重宝されているのだろう。スヌープはどのようなメディアに登場しても、「スヌープ・ドッグ」を演じているため、セルアウトとして認識されないのではないかと動画は結論付けている。

 

 

今後もスヌープの活躍を祈りたい。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING