NEWS

Danny Brown(ダニー・ブラウン)がQ-Tipからのアドバイスについて語る。「ビートメーカーとプロデューサーの違いを知った」

 

 

新アルバム「U Know What I’m Sayin’?」を今年中にリリースする予定のDanny Brown(ダニー・ブラウン)が、Hot97Ebroの番組に出演し、インタビューに答えた。

 

関連記事: Q-Tip、ニューヨーク大学にてHIPHOPとJAZZの相関性に関する講義をスタートすることに。

 

A Tribe Called Questの一員でもあり、プロデューサーとしても伝説的なステータスを持っているQ-Tipが今作のエグゼクティブ・プロデューサーを務めており、Danny Brownは彼との仕事について以下のように語っている。

 

「いままでのアルバムは自分だけでやってきた。人からビートをもらって、それの上で曲を作るだけだったんだ。でも今はビートメーカーとプロデューサーの違いもわかるようになった。彼がどれだけ、ディテールや細かいところに拘っているかを目の当たりにした。最高のアドバイスをしてくれたんだよ。世界のみんなが曲を聴くまでに時間があるなら、作品には込められるだけの愛や想いを込めようってね。そういうことを学んだんだよ。昔の俺は、適当に曲を作ってリリースしてた。」

 

Q-Tipから楽曲にかけるこだわりを学んだと語ったDanny Brown。彼の新アルバムに期待をしたい。

 

Shares
VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING