NEWS

Vic Mensaが若くしてドラッグで亡くなったラッパーたちについて語る。「ドラッグを美化したラップに責任がある」

 

 

ヒップホップのリリックにて、ドラッグの乱用を語る楽曲は多い。それがその問題から抜け出すために語っているものなのか、それともドラッグ使用のイメージを美化しているものなのか、それによってリスナーに与える影響は大幅に違ってくるだろう。美化をしている楽曲について、Vic Mensa(ヴィック・メンサ)が「責任を持つ必要がある」とTMZのインタビューにて語った。

 

関連記事: Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)がドラッグについてコメント。「いつの日か、薬とか、アルコールとか、ドラッグとか抜きで幸せになりたい。」

 

「ヒップホップのコミュニティに属する人間は、自らの発言に責任を持つ必要があると思う。俺らが話すことは、子供に影響を与えるということを理解しないといけない。俺たちの、リーンとかパーコセットとかザナックス使用を美化したメッセージは、若者の考えを汚染する。」

 

彼は続けて、以下のように語っている。

 

「本来あるべき形で与えていく必要があると、その責任がある。自分の人生で起こっていることについて語るな、と言っている訳ではないよ。ただ、みんなで支え合っていくべきだ。そして、美化されたドラッグ・カルチャーについて100%の説明責任がある。」

 

またVic Mensaは、若いラッパーがドラッグのオーバードーズで亡くなっていることについてもコメントをした。

 

「若い兄弟が亡くなっていく状況を見ていて強くこういうことの重要さを思う。例えばJuice WRLDもそうだ、冥福を祈りたい。21歳なんて早すぎる。その責任を持っているのはラップだよ。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST