NEWS

エイサップ・ロッキー、カニエ・ウェストとの新アルバム『Testing』制作について語る

現地時間2018年5月20日、エイサップ・ロッキーが長らく待たれていた新作が完成したとツイートし、ニューヨークで開催したアート・イベント【Lab Rat】でカバーデザインを公開したが、どうやらこの新作『Testing』のリリースが迫っているようだ。29歳のロッキーが継続して誇大宣伝を行う中、5月21日に米ヒップホップ・メディアのビデオ・シリーズ『Complex Cover』の最新映像が公開。フラッコ(エイサップ・ロッキーの別名)は2015年以来、初のアルバムの背景などについて多くのトピックを語った。

 

ハーレム出身のエイサップ・ロッキーは、このアルバムがエイサップ・ヤムズなしで作られた初めてのアルバムという事実を反映せざるを得なかったようだ。「ヤムズがいたときとは同じようにはいかなかった。でも、パイオニアを失うことでの遺産がある。俺たちは前に進み続けなければいけない。ヤムズはスピリットであり、エネルギーだ。彼は常に新しい才能を見つけては、新しい人材を参加させていた。これがヒップホップにおいて彼を確証することだったと思う。俺たちは彼を恋しく思っている。エイサップ・ヤムズが安らかに眠っていることを願うよ。俺は、パフ・ダディーがビギー(ノトーリアス・B.I.G.)が亡くなったとき、または誰かを失った経験のある全ての人が通った同じ道を通らなければならなかった。」とエイサップ・ロッキーは彼にとってのヤムズの存在について認めた。

 

エイサップ・モブの共同創設者は、このプロジェクトの背景において音の基盤を作るために、カニエ・ウェスト、タイラー・ザ・クリエイター、ディーン・ブラント、ヘクター・デルガードまで広範囲に渡って仕事をした。エイサップ・ロッキーは、Yeezy(カニエ・ウェスト)との“多くの音楽”を持っており、今後リリース予定のそれぞれのアルバムに収録されている可能性があると示唆した。「カニエは俺たちが滞在していたホテルをYeezyの複合施設に変えてしまったんだ。こっちのスイートではカニエがスニーカーのデザインをしていて、あっちのスイートでは音楽制作、そして俺は自分のスイートで曲を作っていたんだ。クレイジーな状況だったよ。ホテル丸ごと貸切ったんだぜ。」とカニエ・ウェストのワイオミングでのスタジオ・セットアップを説明した。

 

彼は『Testing』の店舗売上に大きな期待を寄せている。「初週でプラチナ達成を目指してる。やってやるぜ。カーディ・Bの12倍くらい、わかってると思うけど。」と生意気にジョークを飛ばした。エイサップ・ロッキーの3枚目のLPについて、まだリリース日が明確にはなっていないが、ファンは近日中にドロップされると期待している。

 

photo by WireImage
(提供元 Billboard JAPAN

Shares

RELATED POSTS