NEWS

リアーナとTwitterのCEOジャック・ドーシーが自宅待機中のDV被害者を支援するために約4.5億円を寄付。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした自宅隔離中のドメスティック・バイオレンスの被害者をサポートするために、Rihanna(リアーナ)とTwitterのCEOであるジャック・ドーシーが420万ドル(約4.5億円)をMayor’s Fund for Los Angelesに寄付すると発表した。

 

関連記事: リアーナとジェイ・Zが、新型コロナウイルス対策としてそれぞれ1億円以上の寄付を行う。

 

米国では毎年およそ1000万人がDVの被害にあっており、今回のコロナウィルスによる自宅待機命令で、シェルターにて保護されていた被害者たちの多くが自宅に戻ることを余儀なくされたようだ。こちらの寄付金は、DV被害者の10週間分の住居、食料、カウンセリング費用として使用されるようだ。初週には毎日90人ほどを受け入れ、その後、10週間に渡って毎週90人を受け入れると発表している。

 

Rihannaは先週も、新型コロナウイルス対策の支援として合計500万ドルを寄付するなどしていた。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING