NEWS

Desiignerが大ヒット曲「Panda」の印象的なアドリブについて語る。「初めてアドリブを入れた曲だ」

 

 

2015年にリリースした楽曲「Panda」が大ヒットし、一躍人気ラッパーとなったDesiigner(デザイナー)。同曲は第59回グラミー賞のベスト・ラップ・パフォーマンスにもノミネートされており、カニエ・ウェストが創設したGOOD Musicと契約するきっかけにもなった楽曲でもある。GOOD Musicに不満を覚え、レーベルから離れた彼であるが、HipHopDXのインタビューにて、「Panda」で多用している印象的なアドリブについてなどを語った。

 

関連記事: DesiignerがR&Bクラシック「Return of the Mack」のカバーを披露し、YouTubeのコメント欄を賑わす

 

「俺はスラム出身だ。ニューヨーク市ブルックリン区の、ベッドフォード=スタイベサント。俺はそこで生まれ育った。マジで、多くのことを経験してきた。それは俺の楽曲を通して映し出されている。アドリブでもそうだ。」

 

自身が経験してきたことがアドリブにも反映されていると語るDesiigner。彼は以下のように続けている。

 

アドリブを使った初めての曲は「Panda」だよ。音源はあったが、完成させてなかった。でも完成したきっかけは、アドリブが生まれたからだ。あの声は元々使ってたけどね。学校で同じような声を出して、メチャクチャやってた。

 

あのアドリブもポジティブな感情を広めるものだと、彼は明かした。またDesiignerはドリル・ミュージックから受けた影響についても語っている。

 

「俺は周りの音楽からかなり影響を受けた。たとえばシカゴでドリルをやってる連中だ。彼らがやってるのは、俺の声とはぜんぜん違うけどな。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE