NEWS

【入門】トラヴィス・スコットのオススメ人気曲10選

 

 

マクドナルドとのコラボや、クリストファー・ノーランが監督を務める新作映画「TENET テネット」のサウンドトラックに楽曲「The Plan」が収録されるなど、2020年に最も話題になっているラッパーと言っても過言ではないTravis Scott(トラヴィス・スコット)。人気ゲーム「フォートナイト」の世界で彼が行ったライブには1200万人が同時参加し、大きな記録を達成した。

 

今後の活動も注目されているアーティストであるが、彼が2018年にリリースしたアルバム「Astroworld」はグラミー賞を含むさまざな賞にノミネートされており、BET Hip Hop Awardsではアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

 

またトラヴィスは自身が設立したレーベル「Cactus Jack Records」から「JackBoys」というコンピレーションアルバムを昨年末にリリースしており、同作品は2020年の第一週目のBillboard 200チャートにて1位にチャートインしている。

 

そして本日トラヴィスは「アルバム制作期間に入る」という旨の発表をし、新アルバム「Utopia」が間近であることをファンに知らせた。

 

今回は、そんなトラヴィスの人気の10曲を紹介したい。

 

関連記事: Travis Scott(トラヴィス・スコット)がオリジナルのビール「Cacti」を販売開始か?新曲のMVに新商品らしき缶やケースが登場

 

NO BYSTANDERS

 

2018年のアルバム「ASTROWORLD」に収録されている楽曲。プロデューサーはTM88、Mike Dean、Gezin of 808 Mafia、WondaGurlなどが参加している。

 

 

 

The Plan

 

2020年公開のクリストファー・ノーランによる映画「TENET テネット」のサウンドトラックに収録されている楽曲。チャイルディッシュ・ガンビーノのヒット曲「Redbone」を手掛けたLudwig Göransson、さらにWondaGurlもプロデューサーとして参加している。

 

 

 

Mamacita

 

2014年のミックステープ「Days Before Rodeo」に収録されている楽曲。プロデューサーはAllen Ritter、Vinylz、Travis Scottなどが務めている。

 

 

 

Antidote

 

2015年のアルバム「Rodeo」に収録されている楽曲。プロデューサーはMetro Boomin、DJ Dahi、Travis Scottなどが務めており、Billboard Hot 100チャートにて16位にチャートインした。4×プラチナ認定されているヒット曲。

 

 

 

Maria I’m Drunk

 

2015年のアルバム「Rodeo」に収録されている楽曲。ジャスティン・ビーバーとヤング・サグが参加しているアルバムの中でも人気曲。プロデューサーはFrank Dukes、Allen Ritterなどが務めている。

 

 

 

Pick Up the Phone

 

2016年のアルバム「Birds in the Trap Sing McKnight」に収録されている楽曲。こちらもヤング・サグが参加しており、MigosのQuavoもフィーチャリングされているファン人気曲となっている。プロデューサーはFrank Dukes、Vinylzなどが務めており、Billboardにて6位にチャートインした。

 

 

 

Don’t Play

 

2014年のミックステープ「Days Before Rodeo」に収録されている楽曲。ビッグ・ショーンと1975がフィーチャリングされており、ミックステープの1stシングルとしてリリースされた。プロデューサーはAllen Ritter、Vinylz、Travis Scottなどが務めている。

 

 

 

Goosebumps

 

2016年のアルバム「Birds in the Trap Sing McKnight」に収録されている楽曲。ケンドリック・ラマーが参加しているトラヴィス屈指の人気曲となっており、米国だけで5×プラチナ認定されている。プロデューサーはYung Exclusive, CuBeatz, Cardoなどが務めており、Billboardにて5位にチャートインした。

 

 

 

SICKO MODE

 

2018年のアルバム「ASTROWORLD」に収録されている楽曲。トラヴィス・スコットにとって最も成功した楽曲であり、グラミー賞にも2部門でノミネートされている。プロデューサーはTay Keith、Hit-Boy、Cubeatzなどが務めており、Billboard Hot 100にて1位にチャートインした。

 

 

 

Oh My Dis Side

 

2015年のアルバム「Rodeo」に収録されている楽曲。プロデューサーはFrank DukesやAllen Ritterなどが務めており、Billboardにて9位にチャートインした。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING