NEWS

2020年ヒップホップアーティスト収入ランキング。1位は20億円以上を稼いだあのアーティスト

 

 

パンデミックの影響もあり、2020年はアーティストにとって非常に難しい年であったと言えるだろう。そのなかで、2020年に最も多くの収入を得たアーティストをBillboardが発表した。その中からヒップホップのアーティストたちを紹介したい。

 

【関連記事】リル・ベイビーのアルバム「My Turn」が、2020年の収益ランキングで全米1位を獲得したと報道される。その驚くべき金額とは?

 

2020年のヒップホップアーティスト収入ランキングは以下のようになっている。

 

12位 Travis Scott(トラヴィス・スコット):5,820,000ドル(約6億3711万円)

 

 

 

 

11位 Kanye West(カニエ・ウェスト):6,300,000ドル(約6億8966万円)

 

 

 

 

10位 Rod Wave(ロッド・ウェーブ):7,370,000ドル(約8億679万円)

 

 

 

 

9位 Roddy Ricch(ロディ・リッチ):7,400,000ドル(約8億1007万円)

 

 

 

 

8位 Future(フューチャー):8,200,000ドル(約8億9765万円)

 

 

 

 

7位 DaBaby(ダベイビー):9,100,000ドル(約9億9617万円)

 

 

 

 

6位 Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート):9,500,000ドル(10億3996万円)

 

 

 

 

5位 Eminem(エミネム):9,700,000ドル(約10億6185万円)

 

 

 

 

4位 Lil Baby(リル・ベイビー):11,700,000ドル(約12億8079万円)

 

 

 

 

3位 YoungBoy Never Broke Again(ヤング・ボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン):11,900,000ドル(約13億269万円)

 

 

 

 

2位 Drake(ドレイク):14,200,000ドル(約15億5447万円)

 

 

 

 

1位 Post Malone(ポスト・マローン):23,200,000ドル(約25億3970万円)

 

2020年はパンデミックの影響でツアーなどを行うことが出来なかったアーティストも多いが、その中でも彼らは主にストリーミングやスポンサーで収入を得たようだ。またヒップホップ以外では、1位がTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の23,800,000ドルとなっており、2位にポスト・マローンが続いている。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST