NEWS

ソランジュが2016年にリリースした名作「A Seat at the Table」のメイキング映像を紹介。レコーディング風景などをチェック。

 

 

Solange(ソランジュ)が2016年にリリースしたアルバム「A Seat at the Table」。Lil Wayne、Sampha、Q-Tip、Kelly Rowland、Kelelaなど多くのアーティストがゲスト参加していた同作品は、さまざまなメディアの同年のトップ50にランクインし、高く評価されていた。今回は、そんな「A Seat at the Table」のメイキング動画を紹介したい。

 

関連記事: ソランジュが新アルバム「When I Get Home」について語る。影響を受けたアーティストやゲストとの制作について

 

Solangeはアルバムのリリースと同時に「Beginning Stages」という11分間の動画をYouTubeにて公開しており、彼女の作曲プロセスなどをチェックすることができる。Solangeはこちらの動画について以下のように語っていた。

 

「Beginning Stagesでは、ジャムセッションや、実験、アルバムのサウンドとアイデアを探っている初期の段階を少しだけ見ることができる。いくつかのジャムセッションはアルバムに収録されなかったけど、作品のトーンを創り上げ、それがどのようなものであるかをはっきりさせてくれて、初期段階のリリックやコンセプトの手助けにもなった。
ビデオは3つのパートに分かれている。最初と2つのパートは、私がロングアイランドとニューオリンズにて素晴らしいアーティストたちとジャムセッションをしている映像。この頃は、私がメロディを歌ってみたり、誰かがシンセのパートやベースラインを弾いたりしてるだけの状態から始まることが多かった。その状態から、1時間ほどのジャムに移り変わっていった。」

 

最後のパートは、Solangeが前半のジャムセッションで得たものをニュー・イベリアに持っていき、エンジニアたちと実際の楽曲構成などを制作していく過程の映像となっている。

 

このようなプロセスを経て完成した「A Seat at the Table」は以下のリンクからストリーミングすることができる。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING