NEWS

今週のHIPHOPニュースまとめ:NonameがJ. Coleに向けた新曲について謝罪/Bun Bがコメント、話題のゴスペル少年の楽曲、Royce Da 5’9”がエミネムの慈善団体のディレクター就任、Young Thugの「フォートナイト」ライブ決定など

 

NonameがJ. Coleに向けた新曲「Song 33」について謝罪する。「自分のエゴが前に出てしまった」

先週の火曜日に新曲「Snow on tha Bluff」をサプライズでリリースしたJ. Cole。こちらの楽曲の冒頭部分がNonameについて書かれているのではないかと批判を受けた彼であるが、翌日にツイッターにて、自身の意図を語っていた。その数日後、NonameはJ. Coleに向けたアンサー・トラックをリリースしたが、楽曲についてNonameが再びコメントをした。

・NonameがJ. Coleに向けた新曲「Song 33」について謝罪する。「自分のエゴが前に出てしまった」

 

J. ColeとNonameのやりとりについてBun Bがコメント。「自分がどっち側であるか決める必要はない」

それぞれ新曲である「Snow on tha Bluff」と「Song 33」をリリースし、お互いに向けて意見をラップした ColeとNoname。SNSではどちらが正しいかを議論してるファンも多いなか、テキサスのベテランラッパーであるBun Bがコメントをした。

・J. ColeとNonameのやりとりについてBun Bがコメント。「自分がどっち側であるか決める必要はない」

 

「私はただ生きたいだけ」多くの反響を呼んだ12歳のゴスペルシンガーKeedron Bryantが「I Just Want to Live」をリリースする

先月、ジョージ・フロイド氏の殺害を受け、オリジナル曲「I Just Want to Live」をアカペラで披露した12歳のゴスペルシンガー、Keedron Bryant。人種間の平等について願うソウルフルな楽曲は多くのアーティストたちからの支持も得ており、インターネットでも多くの反響を呼んだ。この度、同曲がWarner Recordsからリリースされた。

・「私はただ生きたいだけ」多くの反響を呼んだ12歳のゴスペルシンガーKeedron Bryantが「I Just Want to Live」をリリースする

 

Royce Da 5’9”がエミネムのマーシャル・マザーズ財団のディレクターに就任し、貧困問題や若者を支援する活動に力を入れていくと発表

ヒップホップデュオ「Bad Meets Evil」での活動以外にも、エミネムの長年のコラボレーターとしても知られるRoyce Da 5’9”(ロイス・ダ・ファイブ・ナイン)。この度Royce Da 5’9”がエミネムの「Marshall Mathers Foundation」にディレクターとして参加すると発表された。

・Royce Da 5’9”がエミネムのマーシャル・マザーズ財団のディレクターに就任し、貧困問題や若者を支援する活動に力を入れていくと発表

 

Travis Scottに続き、Young Thugが「フォートナイト」の世界でライブを行うと発表される

今年の4月に、人気ゲーム「フォートナイト」の世界でTravis Scottがライブを行い、同時接続ユーザー数が1230万人を超えたという歴史的な記録を残した。他のアーティストからも「新たな時代のライブ」として注目を集めるきっかけとなったイベントであったが、この度、Travis Scottに引き続きYoung Thugが同ゲームの世界でライブを行うようだ。

・Travis Scottに続き、Young Thugが「フォートナイト」の世界でライブを行うと発表される

 

ビヨンセとソランジュの父が乳癌を克服した経験について語る。早期発見や遺伝子検査の重要性

BeyoncéやSolangeの実の父親であり、デスティニーズ・チャイルドを世に輩出したことでも知られているMathew Knowles。彼は60代で乳がんを患い、克服している。そんな彼は自身の経験を活かし、他の患者の治療にも役立てたいと考えているようだ。彼がPEOPLEのインタビューにて語った内容を紹介したい。

・ビヨンセとソランジュの父が乳癌を克服した経験について語る。早期発見や遺伝子検査の重要性

 

ティーヴィー・ワンダーが人種差別的なシステムや投票の重要性について語る。「未来はあなたの手の中にある。」

Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)が、自身のYouTubeチャンネルから 「The Universe Is Watching Us.」という動画を投稿した。スティービー・ワンダーは動画の冒頭で、アメリカの奴隷解放記念日である6月19日、通称Juneteenth(ジューンティーンス)について「いまだに認知していない3州がある。ノース・ダコタ、サウス・ダコタ、ハワイだ。」と話している。

・スティーヴィー・ワンダーが人種差別的なシステムや投票の重要性について語る。「未来はあなたの手の中にある。」

 

T.I.がアトランタの歴史的黒人大学でトラップ・ミュージックのビジネスを教えると発表

アトランタ出身のラッパーであり、「トラップ・ミュージック」というジャンルが世に広まるきっかけを作った第一人者としても知られているT.I.。彼は2020年の9月から、クラーク・アトランタ大学で「Business of Trap Music」というコースを教えることになった。

・T.I.がアトランタの歴史的黒人大学でトラップ・ミュージックのビジネスを教えると発表

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING