NEWS

出馬取りやめから一転、カニエ・ウェストの大統領選挙出馬がオクラホマ州にて認められたと報道される。情報の信憑性は?

 

 

Thumbnail: By David Shankbone – Own work, CC BY 3.0

 

先日、フロリダにて必要な署名数が足りなかったことから、大統領選挙への立候補を断念したと各メディアが報道していたKanye West(カニエ・ウェスト)。それらの報道とは一転して、カニエが選挙活動を続けているという報道が各メディアが伝えている。しかしどこまで情報に信憑性があるのか、という声もあがっているようだ。

 

関連記事: Kanye West(カニエ・ウェスト)が大統領選挙への立候補を取りやめたと報道される。

 

Rolling Stoneの報道によるとカニエは7月16日に、Federal Election Commission(連邦選挙委員会)に「The Birthday Party」党名義で「Statement of Candidacy」という書類を提出したようだ。連邦選挙委員会は書類を受理したと明かしているが、同時に「書類が正当かどうかの確認はできていない」と情報を鵜呑みにすることを警告した。

 

また、その前日の15日にオクラホマ州の選挙管理委員会がカニエ・ウェストについて「オクラホマにて出馬が認められた」とツイートしており、出馬手続きに必要な署名を一定数集めた考えられる。

 

当初は選挙において大きな影響を持っているフロリダからの出馬が認められなかったことから、断念したと報道されていたが、カニエはフロリダ抜きでも立候補を続けるのだろうか?多くの報道が飛び交っているなか、情報を鵜呑みにせず、今起きている様々な問題から目を逸らさないことが重要だろう。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING