NEWS

カニエ・ウェストがキャンペーンの一環として赤子がいる家族に1億円を配るという提案をする

 

 

一旦は大統領への立候補を断念したが、オクラホマ州にて出馬が認められ、まだ活動を続けているとも報道されたKanye West(カニエ・ウェスト)。カニエの今までの話題作りの歴史的にも、アルバムのプロモーションのための立候補という可能性はなくはないが、彼はこの度大統領選挙のキャンペーン・イベントに登場し、その想いを語った。

 

関連記事: 出馬取りやめから一転、カニエ・ウェストの大統領選挙出馬がオクラホマ州にて認められたと報道される。情報の信憑性は?

 

カニエはスピーチの中で、子育てについて語っている。彼は「中絶は合法であるべきだが、経済的に苦しんでいる母親たちにインセンティブを与えることで、中絶の需要を少なくすることができる。」という旨を話している。経済的なインセンティブの例としては「赤子が生まれた母親たちに100万ドル(約1億円)を配る」と考えているようだ。

 

カニエのこのような考えには、彼の両親の決断がきっかけとなったようだ。

 

「俺の父は忙しすぎたから、俺を生みたくなかったんだ。もしその決断をしていたら、カニエ・ウェストは存在していなかった。母が俺を救ってくれたんだ。」

 

また、それ以外にもカニエは以下のように語っている。

 

「約束の地のために授けられたルールに従う、それだけが俺たちを解放するだろう。
中絶は合法であるべきだ。なぜなら法は神のものではないし、法とはそもそもなんなんだ?」

 

キャンペーンイベント中には、精神的に追い詰められている様子も見せており、涙を流しながら大声で語ったカニエ。また、カニエの新アルバム「DONDA」は今週の金曜日にリリースされるとも発表している。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST