NEWS

ジュース・ワールドの弟子的な存在であったオーストラリアのThe Kid LAROI。その成長と、二人の関係を紹介

 

 

今月の24日にデビュー・アルバム「F*CK LOVE」をリリースしたばかりのThe Kid LAROI。彼はJuice WRLD(ジュース・ワールド)をメンターとして尊敬していたことでも知られており、彼との交流やその成長をGeniusがまとめた動画を紹介したい。

 

関連記事: Juice WRLD(ジュース・ワールド)の遺作となるアルバム「Legends Never Die」がリリースされる。

 

オーストラリア出身のLAROIは7歳からラップをしており、15歳のときにオーストラリアのラジオ局triple jの「Unearthed High」という、高校生アーティストを発掘する企画のファイナリストに選ばれたことで、世界的な注目を浴びた。

 

その後、2019年に行われたジュース・ワールドのオーストラリア・ツアーのオープニングアクトを務めたLAROIは、ジュースと同じくGrade A Productionsと契約する。ジュース・ワールドとともに時間を過ごすようになり、彼と一緒に住んでいた時期もあったようで、LAROIにとってジュース・ワールドはメンター的な存在となった。

 

ジュース・ワールドはThe Kid LAROIの楽曲「GO」に参加しており、ミュージック・ビデオの冒頭にてジュース・ワールドは、「君の16歳の誕生日に俺のヴァースをあげるよ。これって20万ドルのギフトだからな」と語っている。

 

そんなThe Kid LAROIはジュース・ワールドの遺作となった新アルバム「Legends Never Die」の楽曲「Hate The Other Side」にも参加している。フル動画は以下のリンクからチェック。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE