NEWS

Master Pが「家族や友達のATMになるのは疲れた」と明かす。

 

 

「No Limit Records」の創設者として、ラッパーだけでなくビジネスでも成功を収めてきたMaster P(マスター・P)。しかし彼は、昔からおこなってきた家族や友人へのサポートに限界を感じたようだ。

 

関連記事: マスター・Pのドキュメンタリー・シリーズ「No Limit Chronicles」がアナウンスされる。車のトランクでテープを売り、巨大レーベルを作った南のパイオニア

 

View this post on Instagram

They always say what do you get the man that has everything. What about love, a card, or even just thank you. If any family members have a receipt of that to me, I’ll cut the ATM back on. It’s been over 30 years I’m tired of supporting people’s addictions and bad habits. Who would y’all be mad at if I was dead, because it seems like none of y’all want to work. I’m no longer enabling lazy ungrateful people. Please go get a job and a career, And for the ones that do have degrees and careers maybe y’all can take over & buy houses and cars for y’all generation and if they are ungrateful then you would understand how I feel! I’m not God, I’m only human. The only difference is I decided to do the right thing and chase my dreams and goals. When I made it I was too generous to my family and friends & that was the problem. I love y’all, but enough is enough. And whoever said they had to sell socks, well Welcome to the Real world I had to sell tapes out the trunk of my car! So In my 50 cent voice “I ain’t doing it no more mane” P.S this how you know it’s hate, I ain’t the only millionaire in this family just for the record. When you do the right thing God will keep blessing you. Envy and jealousy gets you no where #HappySunday I don’t want to hear “keep this off the internet.” I’m just saying what a lot of successful people or even just people with jobs that are working want to say to their family. The truth hurts it’s uncomfortable, but it’s the only way we can get back to the love. For the Bloggers and Gossipers now y’all know the Truth, I’m going back to work to provide for my kids.

A post shared by Master P (@masterp) on

マスター・Pはインスタにて、以下の文章を公開している。

 

「全てを持っている男に何をあげればいいのか?愛はどうだ?感謝の手紙やありがとうくらい言ってもいいじゃないか。俺に対してそういうものをくれる人が家族にいたら、ATMの電源をまた入れるよ。もう30年も経っているが、人の依存症や悪習慣のサポートをするのは疲れた。俺が死んだら誰に文句を言うつもりなんだ?誰も仕事すらしたくないように見える。やる気のない恩知らずの人たちは、今後一切サポートしない。仕事を見つけてくれ。既にキャリアを築いている者は、あなたたちの世代のために家や車を買ったらどうだ。それで彼らが感謝を示さなければ、俺がどんな気持ちか理解できるだろう。俺は神じゃなくて、ただの人間なんだ。あなたたちとの唯一の違いは、俺は正しい行いをし、自分の夢やゴールを追いかけた。俺が成功を収めたばかりの頃、俺は自分の家族や友達に寛大すぎた。それが問題だったんだ。」

 

家族や友人へのサポートについて語ったマスター・P。成功を収めたアーティストにとっては大きなテーマであるようで、過去にはHBOの番組「The Shop」にて、ミーク・ミル、2 Chainz、レブロン・ジェームスなどの著名人が「富を得たとき、家族への還元としてお金を支払い続ける義務があるのか」と語るエピソードがあった。

 

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST