NEWS

スヌープ・ドッグが「Fuck Death Row」というアルバムをリリースしなかった理由を語る。「Master Pが俺の命を救ってくれた」

 

 

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が「The Breakfast Club」に出演し、インタビューに答えた。彼は1998年にDeath Row Recordsから抜け、悪名高いシュグナイトと仲違いしていた時期について語っている。デスロウとシュグナイトの劣悪な環境に嫌気がさしてレーベルを抜けたスヌープは、彼らと全面戦争をするつもりだったと明かす。

 

関連記事: スヌープ・ドッグがデビューアルバム「Doggystyle」のアイコニックなデザインとグッズビジネスについて語る。

 

 

View this post on Instagram

Full convo is up now on our YouTube page!

A post shared by The Breakfast Club (@breakfastclubam) on

当時スヌープは、同じく西海岸のラッパーであるMack 10から1億円以上のオファーを受けており、「Fuck Death Row」というアルバムをリリースする予定であったのだ。Mack 10に会うために彼のオフィスに向かったスヌープであるが、しかし同じ南を代表するMaster P率いるNo Limitのオフィスの前を通る必要があったのだ。それがきっかけでMaster Pと出会ったスヌープはある日、彼から「今どんなプロジェクトを制作中なんだ?」と質問を受け、「Fuck Death Rowというアルバムを作ってる」と答えた。

 

すると「待ってくれ」と、扉を閉めたMaster Pは「もしそれをリリースするとしたら、リリース前にお前は殺害されるだろう。」とスヌープに言ったようだ。

 

当時のデスロウやシュグナイトと争いを続ければ、命がなくなる可能性もあるため、Master Pはそれを阻止するためにスヌープを説得したのだ。説得を受けたスヌープはアルバムの制作を中止し、最終的にMaster PのNo Limitと契約をすることになる。スヌープはインタビューの中で、「彼が俺の命を救ってくれたということだ?神に感謝だ。」と続けている。

 

この一連の出来事についてはMaster Pも話しており、「The Breakfast Club」の別のエピソードにて彼は以下のように語った。

 

「やるべきことをやったんだ。スヌープがシュグナイトについてなんて言おうと、シュグがスヌープを業界に入れくれたのは事実だ。だからお前がやろうとしていることは良くないし、結局のところ重要なのは真摯であることだ。感謝するべきであると。このように考えている人は少ない。どんな結果になったとしても、まずは貰ったチャンスや機会には感謝しないといけない。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST