NEWS

カニエ・ウエスト、ワイオミング州で新作リスニング・セッションを開催!

text: HIPHOP DNA

 

6月1日に新作アルバムを発売する旨、発表していたカニエ・ウエストだが、かねてよりレコーディングを行っていたワイオミング州のジャクソンホールにて、大規模なリスニング・セッションを敢行した。

リスニング・セッションは、キャンプファイヤーを囲みなあら行われ、有名コメディアンのクリス・ロックがホストを務めたとの事。他にも、俳優のジョナ・ヒルや、保守派の黒人女性コメンテーターである菅ディス・オーウェンス、ナズ、2チェインズ、そしてもちろんキム・カーダシアンらが出席。また、セッションの様子はWAVと呼ばれるAPPを経由して、ストリーミング配信も実施された。また、アルバム本編には、キッド・カディ。タイ・ダラー・サイン、そしてニッキー・ミナージュらが参加しているとのこと。

 

 

 

当初、『Love Everyone』と名付けられていたアルバムだが、タイトルは『Ye』に変更。また、カニエの母親であるドンダ・ウエストが命を落とした際の脂肪吸引手術の執刀医の写真をジャケットにする予定であったが、最終的に、カニエ自身がiPhoneで撮影した写真がジャケットに使用される旨をキム・カーダシアンが明らかにしている。

 

 

加えて、本リスニング・セッションを記念したグッズもすでに発表されており、カニエ・ウエストの抜かりなさを感じるほどだ。

 

 

また、現時点においては、まだアルバムの一般公開はされていない。

Shares

RELATED POSTS