NEWS

マシン・ガン・ケリーのポップパンク・アルバム「Tickets to My Downfall」が11万枚の初週売り上げを達成。自身初のBillboard 1位がほぼ確定。

 

 

自身の楽曲「Bloody Valentine」のMVが、VMAsの最優秀オルタナティブ・ビデオ賞を受賞したMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー:通称MGK)。彼はこれまで何かしらの賞にノミネートすらされたことがなかったため、The Kelly Clarkson Showに出演した際に、今回の受賞が彼の人生においてどれだけ重要なことだったかを語っていた。そんなMGKが、Billboard 200チャートにて自身初の1位を獲得するかもしれない。

 

関連記事: マシン・ガン・ケリーがVMAを受賞するまで音楽活動を辞めるか悩んでいたと明かす。「トンネルの最後には光があった」

 

Hits Daily Doubleが公開した情報によると、MGKの新アルバム「Tickets to My Downfall」は11万7000枚の売り上げを達成したようで、Tory Lanezの「DAYSTAR」の3万7000枚、Lil Wayneの「Tha Carter V (Deluxe)」の2万3000枚を遥かに上回っている。そのためMGKはBillboard 200チャートにてキャリア初の1位を獲得するとほぼ確定している。

 

初の賞受賞に引き続きBillboard 200チャート1位を獲得することができれば、MGKの新アルバム「Tickets to My Downfall」は彼にとって最も成功した作品となることだろう。MGKはThe Kelly Clarkson Showのインタビューにて以下のように語っていた

 

「自分の目標を追い求めていく上で、俺を例として使ってくれる人がいたらいいなと思う。諦めなくてよかったと思う、このトンネルの最後には光があったんだ。すぐそこにね。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING