NEWS

Statik Selektahが語る「優れたプロデューサーになるためのアドバイス」。

 

 

Thumbnail: By DJ Statik Selektah picture taken for Cornerstone Mix #88

 

Q-TipやBun B、最近ではJoey Bada$$やFreddie Gibbsなど、数多くのヒップホップアーティストの楽曲を手がけてきたベテランプロデューサーStatik Selektah(スタティック・セレクタ)。そんな彼がAudiomackにて「優れたプロデューサーになるためのアドバイス」を語っているため、そちらのインタビューから一部を紹介したい。

 

関連記事: Russがインディペンデントに活動するアーティストに重要なアドバイスを送る。

 

Statik Selektahは以下のように語っている。

 

「俺のアルバムに参加している奴らは全員友達だ。文字通りの意味で。俺がアルバムで一緒に仕事をするのは、ラップ以外でも関わりがあるような人たちだ。業界の政治みたいなのは、このアルバムには一つもない。俺はいつも、自分が良いと思えるような人たちとだけ一緒に仕事をするんだ。たとえばあまり良く思えないような人たちがいて、彼らが人気になった。そんな人たちと一緒に作った曲もあったが、彼らと人間としてのバイブスが合わなかったからアルバムには収録しなかった。」

 

ラップ以外でも関わりがあるような、音楽性だけでなく人としての波長が合う者たちと仕事をすることが重要であると語ったStatik Selektah。今最も熱いレーベルの一つとして知られる「Top Dawg Entertainment」に所属する新人ラッパーREASONも近い内容を以前語っており、彼はTDEについて「元々のファンが何人いるかなんて関係なく、TDEでは音楽と人間性が全てだ」話していた

 

Statik Selektahのインタビューの全文はこちらからチェック。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST