NEWS

エイサップ・ロッキーが自分が昔住んでいたホームレスシェルターにサンクスギビング食事を届ける。彼が語るシェルターでの生活。

 

 

サンクスギビングということもあり、地元や地域に還元をするヒップホップアーティストは多い。成功したアーティストが地域に還元するということは、ヒップホップの特徴としても多く見られることであり、HIP HOP DNAでは度々アーティストのそのような活動を取り上げてきた。この度、A$AP ROCKY(エイサップ・ロッキー)のサンクスギビングを紹介したい。

 

【関連記事】2 Chainzが自身のレストランを営業再開する代わりにホームレスに料理を振る舞う

 

2000年代前半に、母親とニューヨーク州ハーレムにあるホームレスシェルターに滞在していたエイサップ・ロッキー。そんな彼はアーティストとして成功し、この度自身が昔滞在していたそのシェルターに120食分のサンクスギビングミールを届けたようだ。彼は2013年のMTV Newsのインタビューにて、ホームレスシェルターに滞在していたときの体験についてこのように語っている。

 

ここでの生活は、大変なことも多かった。でも人生は、自分がその経験を使って何をするかだから、そのような状況でも世界の終わりってわけではなかった。この場所は政府のアシストと共に、多くの女性の生活をサポートしてきたんだ。

貧民街で生きるのと何も変わらないし、ここで生きるのは簡単じゃない。そういうときにドラッグディーラーやハスラーたちに憧れてしまうんだ。そのような良くない環境で育つと、バカみたいなことに憧れてしまう。そういう環境出身の人たちは、努力をして成功することに憧れるんじゃなくて、金と力そのものに憧れてしまって、自身の人生に制限をかけてしまうんだ。

 

彼が届けた食事は、83家庭、111人の子どもたちに提供されたようだ。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST