NEWS

有名ラッパーのラップネームの由来は?XXXテンタシオン、ジュース・ワールド、トリッピー・レッドなど。

 

ヒップホップアーティストとして活躍する上で欠かせないのが、キャッチーなラップネームである。そのラップネームに関するエピソードは、時に面白く、時に衝撃的である。ここでは、今では売れっ子となったアーティストたちが、どうして現在の名前を選んだのかについて、本人談を紹介していきたい。

 

 

Playboi Carti (プレイボーイ・カルティ)

 

 

「Sir Cartierという名前は、より効果なものやライフスタイルに対する執着から来ている。俺は当時、それによってインスパイアされていた。それこそが俺のスワッグだった」

 

 

Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)

 

 

「誰かが『お前のラップ早いな、マシンガン見たいだ』って言ったんだ。その瞬間から俺はLil Uziになった。」(Uziはマシンガンという意味)

 

 

Trippie Redd(トリッピー・レッド)

 

 

「俺のことをTrippie Hippieと呼ぶ友達がいたから、この名前を使うことにした。俺は当時ウィードを吸ってたし、トリッピーなものが好きだった。だからTrippieとHippie(ヒッピー)を一緒にしたんだ。Redは俺がBlood(赤色をシンボルとするギャング)だからだよ。」

 

 

Juice Wrld(ジュース・ワールド)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juice WRLD 9 9 9(@juicewrld999)がシェアした投稿

 

「俺がジュースって名前を使っているのは2Pacの影響だけじゃない(2Pacは「Juice」という映画で主演を務めた)。実は三人のラッパーが影響している。Soulja BoyもThe JuiceというMixtapeを出しているし、後の一人はMC Juiceだ。彼はエミネムをラップバトルで倒せた数少ないラッパーの一人だと思う。」

 

 

Post Malone(ポスト・マローン)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@postmaloneがシェアした投稿

 

「Postは俺の名字なんだ。14歳の時に、自分のAustin Postっていう本名をラップネームジェネレーターに入れたら、この名前が出てきたんだ。」

 

 

XXXTentacion(XXXテンタシオン)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAKE OUT HILL(@xxxtentacion)がシェアした投稿

 

「XXXテンタシオンとは、未知の衝動という意味だ。Xとは未知の変数という意味だ。テンタシオンとはラテン語で衝動という意味だ。だから、俺はその二つをくっつけた。俺の人生は未知の衝動を中心としていると思うからだ。」

 

 

21 Savage(21サベジ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TheBig4L(@21savage)がシェアした投稿

 

「21はアラバマの伝説のギャングだよ。Savageは俺がSavageだから。」

 

 

Lil Peep(リル・ピープ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@lilpeepがシェアした投稿

 

「母親が俺をずっとピープと呼んでたから、そこからつけた名前だ。何故かは知らないんだけど、母親は俺が『Little Peep』みたいな見た目をしているっていうんだ。Peepとは何のことかわからない。彼女は小学校1年生を教える先生で、俺はホームスクールだった。彼女は俺に小鳥を飼育させてたから、俺はカモや鶏と一緒に育った。俺の寝室にいたからね。それが俺の少年時代さ。」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST