NEWS

タリブ・クウェリがオーセンティックであり続けた理由。Jay-Zが一言でインスパイアしたエピソード。

 

ラッパーのTalib Kweli(タリブ・クウェリ)の自叙伝「Vibrate Higher」が2月16日に発売される。こちらを記念して、彼は先日Jimmy FallonのTonight Showに出演し、実際に自伝に書かれているエピソードをいくつか紹介した。中でもJay-Z(ジェイ・Z )の楽曲に自身の名前が出たときに、自分が歩むべきキャリアの方向性を再確認したと語っている箇所を紹介したい。

 

 

番組内で、Jimmy Fallonはタリブ・クウェリに対して、以下のように問いかけた。

 

「多くの人があなたのことを高く評価している。多くの人にとって、あなたはトップ5に入るし、ジェイ・Z のような素晴らしいラッパーもあなたのことを評価している。この本の中には、初めて自分の名前がジェイ・Zの曲に登場したときのことが書かれているね。」

 

タリブ・クウェリは以下のように答えた。

 

「それは俺たちの親交が急激に深まった頃の話だ。ジェイ・Zは俺の一番のヒット曲『Get By』のリミックスでラップしてくれたんだ。ジェイ・Zが”Moment of Clarity”という曲で、俺をシャウト・アウトしてくれたということは、バスタ・ライムスが教えてくれたんだ。俺はスタジオにいたんだが、バスタが電話してくれて『ジェイ・Zの新しいアルバムを聞いたか?お前をシャウトアウトしてるぞ』って。

 

「ジェイ・Zは『If skills sold truth be told / I’d probably be lyrically Talib Kweli(もしスキルが売れたなら、俺はタリブ・クウェリのようなレベルでラップしていただろう)』って言ってくれていた。俺はそれによって、自分が正しいポジションにいると思うことができた。俺は最高のラッパーになるために努力を続けて来た。ジェイ・Zは多くの人によってベスト・ラッパーだと思われていたが、そんな彼が俺のことをメンションしてくれた。それは、自分がやらないといけないことをやり遂げたということだ。

 

「そこで俺は考えたんだ。もしかしたら、もっとお金についてラップしたら、もっとお金が入るんじゃないかって。」と笑いを誘ったタリブ。

 

「でももしそのようなスタイルになったら、俺は偽物のジェイ・Zになってしまうって思ったんだ。もしそうなったら、ジェイ・Zがリスペクトを込めて俺の名前を言うことはないだろう。だから俺は、自分に正直で、オーセンティックでないといけない。」

 

このエピソードから「自分に正直であること/オーセンティックであること」について学んだと語るタリブ。こうしたエピソードが多く収録されている自叙伝は、こちらからプリオーダーできる。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE