NEWS

Digital UndergroundのShock Gが亡くなる。2Pacを世に出した存在とも言われるレジェンド。

 

 

Digital Underground(デジタル・アンダーグラウンド)のリードボーカルとして知られるラッパー、Shock G(ショック・G)が57歳で亡くなったと報道された。

 

【関連記事】Jay-Zから学ぶ、成功へのアドバイス10選。

 

TMZによると、ショック・Gはフロリダ州タンパのホテルで木曜日に亡くなったと、彼の父であるEdward Racker氏が明かしたようだ。現段階では死因は不明のため、これから検死を行うとも報道されている。

 

Digital Undergroundは2Pacのメンター的なグループであり、「Same Song」や「I Get Around」など、お互いの曲でコラボをしていた。そんなグループの中心人物として活躍してきたショック・Gは、別人格である「Humpty Hump」名義でラップをすることが多く、特にヒット曲「The Humpty Dance」ではそのキャラクターが前面に押し出されていた。

 

ショック・Gはラッパーだけでなくプロデューサーとしても活躍しており、Dr. Dre、Prince、KRS-One、Bobby Brownなどの楽曲を手がけたことでも知られている。彼の楽曲は以下からチェック。

 

Shares
VIEW MORE