NEWS

ドクター・ドレーが「ストレイト・アウタ・コンプトン」の制作秘話を明かす。アイス・キューブとの出会い、映画内のEazy-Eの描かれ方についてなど

 

 

Dr. Dre(ドクター・ドレー)、Ice Cube(アイス・キューブ)、Eazy-E(イージー・E)などのメンバーが所属した伝説のヒップホップグループN.W.A(エヌ・ダブリュー・エー)。彼らのデビューアルバム「Straight Outta Compton(ストレイト・アウタ・コンプトン)」は300万枚以上の売り上げを記録した大ヒット作品として知られており、米国議会図書館の国家保存重要録音物登録簿にも登録されている。アルバムと同名の伝記映画ではグループの結成からの物語が描かれているが、今回は、ドクター・ドレーが同アルバムおよび映画について語った過去のインタビューを紹介したい。

 

【関連記事】N.W.A.が自身のリスニング・パーティーから入場拒否された過去。「パーティーを破壊する恐れがある」

 

ドクター・ドレーは、アイス・キューブとの出会いについて以下のように語っている。

 

「当時、俺は母親と暮らしていたんだけど、その時は俺の将来についての考えに賛同してもらえなかった。だから、俺は叔母の家に住ましてもらうことにしたんだ。その家の2軒先にアイス・キューブが住んでいて、これがきっかけで彼と出会った。」

 

実家から叔母の家に移ったことでアイス・キューブと出会ったと語るドクター・ドレー。彼は以下のように続けており、当時彼らがどのように楽曲を制作していたのかを説明した。

 

ミックステープを作ったり、ガレージの中でいろんなことをやったりしたよ。そこで俺たちがやったのは、有名な曲を持ってきて、それをキューブが汚いリリックに変えるんだ。俺たちがはじめたこの革命において最もヤバかったことは、「ストレイト・アウタ・コンプトン」を6週間で完成させたということだ。週5で3時間スタジオに入った。このようなことが現実に起きるんだなと思ったし、自分がどれだけパワフルになれるかを理解するきっかけにもなったよ。

 

ドクター・ドレーは映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」におけるEazy-Eの描かれ方についても語っている。

 

「Eazy-Eについてとても重要だったのは、ストーリーが正しく描かれること、そして彼という存在を正しい形でレプリゼントすることだった。俺たちがEazy-Eを攻撃しているんじゃないかという旨の文章を読んだこともあるけど、馬鹿げているよ。Eazyは俺たちのとても親しい友人だったし、彼の家族たちからもコメントを貰った。なんなら彼の家族たちは撮影現場にもいたよ。俺が真剣で、制作の裏側にも関わっていたということを知ってほしい。実際にその場所にいないとわからない細かい事実もあるし、映画ではそれが重要だったんだ。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE