NEWS

故XXXTentacion、公開告別式に多くのファンが詰め掛ける

 

 

2018年6月27日、米フロリダ州サンライズで行われた故XXXTentacionの公開告別式に多くのファンが詰め掛けて最後の別れを告げた。

 

2万人が収容できるBB&T Centerスタジアムに設けられたステージには、黒いバラとシルバーの葉に囲まれた棺が蓋を開けて置かれ、中に安置された髪を2本の三つ編みにしてデニムジャケットを着たXXXTentacionがスポットライトで照らし出されていた。棺の両脇で警備員が目を光らせる中、訪れた人々は急逝した地元の若いラッパーを一目見ようと何時間も長い列を作った。

 

ロープで囲われたエリアにいた遺族と友人たちは、前に“Bad”、後ろに“No more pain”と書かれた黒いTシャツで統一していた。

 

会場にはXXXTentacionの楽曲が大音量で流され、初めは重苦しい雰囲気だった弔問客たちは徐々に盛り上がり、人気曲がかかると両手を上げて“X”の形を作り、大声で歌詞を繰り返していた。

 

XXXTentacionは18日、南フロリダのバイク・ショップから帰る際、車の中で射殺された。22歳の男性が殺人容疑で逮捕されている。生前には米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で7位がピークだった「SAD!」は、XXXTentacionの死後に52位から急上昇して1位を獲得し、彼にとって初のNo.1ヒットとなった。死後に自曲が全米No. 1を獲得するのは1997年の故ノトーリアス・B.I.G.「Mo Money Mo Problems」以来となる。

 

Photo by Getty Images Entertainment

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS