NEWS

マック・ミラーが次回作「Swimming」に参加しているThundercatやSnoop Doggなどとのコラボについて語る。

 

 

新曲「Self Care」をリリースしたばかりのMac Miller(マック・ミラー)が、Zane Loweの番組に出演した。

 

番組内で次回作について質問されたマック・ミラーが答えた内容が興味深いので、インタビューの一部を紹介したい。

 

「Pomo(ポモ)が来ててさ、彼はドラムを叩いてたり、俺の作ったコードをもっといい感じにしてくれたり。まあそれはよくて、その晩にThundercat(サンダーキャット)が遊びに来たんだ。それで俺が、そうだ!ベース弾いてみてくれない?って聞いてみたら…マジでヤバかったんだよ。一発録りで、彼は音程を確認することもなく、そのままレコーディングしたんだ。」

 

スタジオに来客が多いことで知られるマック・ミラーらしいエピソードだが、さすがThundercatと言いたくなる内容でもあった。コーラスについては、以下のように答えている。

 

「コーラスはSyd(シド)やSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が参加してくれたんだ。スヌープに関しては、送ってくれたコーラスが本当に素晴らしかった。なんていうか、俺はたまに何が必要なのかよくわからなくなることがあるから、適当になんか言ってよってお願いしたんだよね。そしたら、詩的で美しいものが送られてきたんだ。彼はなんていうか、宙に浮いてるよね」

 

同アルバムには他にもプロデューサーとしてDâm-Funk(デイム・ファンク)を迎えており、ますます次回作の発表が楽しみだ。

 

インタビュー動画は以下のリンクからチェックすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS