NEWS

強盗被害に遭ったテカシ・シックスナインが、今回の事件をXXX Tentacionの事件に絡めて語る

 

 

強盗被害に遭い、入院していたことが報じられたTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)。

 

無事退院したテカシが、親友でもあったXXXTentacion(XXXテンタシオン)の事件を思い出しながら、Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)との交流や、最新のツアーなどについてインタビューに答えた。

 

 

「俺は車内の後部座席にいた訳じゃん?この車から出ることが出来なかったら、俺は死ぬって確信したんだ。家に帰ったら2歳になる娘が待ってるんだよ。でも俺は生身だしどうしようもなくて。朝の5時の出来事だし。」

 

強盗被害に遭ったことの恐怖を語ったテカシ。彼は、Xに起こった出来事とも絡めて「頭の中にXがいた。あいつがどんなタイプの人間かというのはわかってる。”撃ってみろよ。俺からは何も得ることはできないぞ”って、あいつなら言うだろう。でも、それって家族より重要なのかなって思った。それって人生より重要なのか?それって愛より重要なのか?もし今日死んだとして、俺は幸せに死ねるのか?」とも答えていた。

 

「Xのことが頭に浮かんで、俺はあいつが見守っているんだって確信した。あれは神だったんだと思う、わかるだろ、言いたいこと。」

 

テカシは、今週の月曜日もXについてインスタグラムで語っていた。

 

 

インタビューのフル動画はこちらのリンクからチェックすることができる。

Shares

RELATED POSTS