NEWS

エミネムの新アルバムではとある日本のアニメの挿入歌がサンプリングされている

 

 

最近のヒップホップでは、日本のアニメやゲームをサンプリングした楽曲が増え始めている。有名所としては、アニメ「天空のエスカフローネ」から、溝口肇氏と菅野よう子氏が共作した「Shadow of Doubt」をサンプリングとして使用したMac Millerの「Programs」、ゲーム「クロノ・トリガー」から、光田康典氏作曲の「サラのテーマ」を使用したWiz Khalifaの「Never Been」などが挙げられる。特にインターネットのアンダーグラウンド・シーンでは、アニメやゲームをサンプリングして使用することが流行しており、若者の間では大きな盛り上がりを見せている。

 

そんな中、今回日本のアニメから楽曲を使用したのはEminem(エミネム)だ。彼の最新アルバム「Kamikaze」に収録されている「Good Guy」には、日本の作曲家のやまだ豊氏の楽曲が使用されている。

 

今回使用された「Glassy Sky」は人気アニメ「東京喰種トーキョーグール」の挿入歌として知られており、海外でも人気がある。YouTubeの公式動画は約2億6千万回再生されている。

 

エミネムの「Good Guy」を制作したプロデューサーであるIllaDaProducerは、以前ローリング・ストーン紙のインタビューにて、同曲はゲーム「キングダムハーツシリーズ」のテーマソングを使用したと語っていたが、後ほどツイッターで訂正された。

 

この発言は後からツイッターで訂正されており、正確にはやまだ豊氏の楽曲「Glassy Sky」であることが本人から明かされている。インタビューでは他の楽曲と混同していたと彼は説明している。

 

やまだ豊氏作曲の「Glassy Sky」をサンプリングした楽曲、「Good Guy」は以下のリンクからストリーミングすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS