NEWS

カニエ・ウェスト、極右運動のアパレルをデザインしたとの報道を否定「政治からは距離を置き、創作に完全に集中する」

 

 

11月6日の中間選挙が迫る米国で、黒人の有権者に民主党に見切りをつけるよう呼びかける保守派の“Blexit”(ブレグジット、英国のEU離脱スローガンBrexitをもじっている)キャンペーンのロゴやアパレルをデザインしたと報じられていたカニエ・ウェストが、自分は関わっていないとツイートした。

 

2018年10月30日にTwitterを更新したカニエは、この運動に関わっている極右コメンテーターのキャンダス・オーウェンズ(Candace Owens)について、「キャンダスにあのロゴを作った人物を紹介したけれど、(デザイナーが)自分の名前を出したくなかったから(キャンダスが)俺のを使ったんだ。俺はBlexitと関わり合いたくなかった。俺は関係ない」と釈明した。

 

10月27日に米ワシントンD.C.で開催され、ターニング・ポイントUSAという保守系NPOが主催する【ヤング・ブラック・リーダーシップ・サミット】という会合で、Blexit運動のアパレルがお披露目された。各アイテムの横に“カニエ・ウェスト・デザイン”と記載されていたようだ。  サミットに出席していたオーウェンズはPage Sixの取材に対し、「Blexitは復興であり、このロゴとこの色の数々を私の親しい友人で仲間のスーパーヒーロー、カニエ・ウェストが生み出してくれたと言えることを幸運に思う」と語っていた。

 

カニエは別のツイートで、「今はしっかり目が見開かれ、自分で信じていないメッセージを広めるために利用されたことに気付いた。政治からは距離を置き、創作に完全に集中する」と綴っている。

 

ここ数週間、カニエはトランプ米大統領と面会し、支持を表明する“MAGA”キャップをテレビの生出演中にかぶるなど、その政治スタンスが賛否両論を呼んでいた。

 

◎カニエ・ウェストによる投稿

 

 

Photo By Wireimage

(提供元: Billboard Japan

 

Shares

RELATED POSTS