NEWS

カニエ・ウエストとのコラボ曲をTalib Kweliがプレビュー

 

 

今年の中頃に、7曲入りのEPを連続でリリースして話題になっていたKanye West(カニエ・ウェスト)。しかし、その一連のリリースの前にTalib Kweli(タリブ・クウェリ)がとある写真を公開していたのはご存知だろうか?

 

View this post on Instagram

2018 is looking good…

A post shared by Talib Kweli (@talibkweli) on

今年の1月にTalib Kweliのインスタグラムにて、「2018年はいい年になりそうだ…」というキャプションと共に公開された写真にはカニエ・ウェスト、Mos Def、Dave Chappelleの3人が写っており、新たなコラボレーションが期待されていた。

 

それから音沙汰のなかったTalib Kweliが、ついに新曲をプレビューした。

 

「俺とカニエ・ウエストで、1月からアルバム制作を始めたんだ。Candace Owensと取り巻きが俺をツイッターで差別用語で呼んだり、猿だとか呼んでた時期だったな。ってことで、またこの曲をやるときが来たみたいだ。リリックもタイムリーな内容になっている。」

 

こちらの楽曲でTalibは、2017年にバージニア州シャーロッツビルで行なわれた白人至上主義者らの集会や暴動についてラップしており、昨年の出来事ではあるが非常にタイムリーな内容となっている。

 

アルバムのリリース予定日などは発表されていないため、二人からの続報を引き続き待ちたい。

 

Shares

RELATED POSTS