NEWS

トラヴィス・スコットの功績をたたえて、ヒューストン市が「Astroworldの日」を制定。市役所にて本人によるスピーチも行われる

 

 

テキサス州ヒューストンにて、11月18日を「Astroworldの日」とし、Travis Scott(トラヴィス・スコット)が讃えられることが決定した。

 

ヒューストンの市長であるSylvester Turnerは、トラヴィスが開催した「Astroworld Festival」にてヒューストンに40000人ものファンを集まったことを称賛している。これによってトラヴィスは、ヒューストン市役所のアート/教育大使にも選ばれており、本人によるスピーチも行われた。

 

「俺の人生をここで過ごした。Astroworldに影響を受けたんだ。2005年に閉園してから、心の中の大きなピースが失われたような感じがしたよ。だからあの時の感情を少しでもこの街に戻したくて、何か楽しめるものを提供したかったんだ」

 

2005年に閉園したヒューストン市内のアミューズメント・パーク、「シックス・フラッグス・アストロワールド」から影響を受けてアルバムを制作したと語ったトラヴィス。幼少期に感じた想いをアルバムに込めることで、今はなきアストロワールドを彼は再現したかったのだろう。

 

またトラヴィスは、2017年のハリケーン被害から今も立ち直ろうとしているテキサスに対してもメッセージを送っている。

 

「テキサスについて一つだけ言わせてくれ。強く立ち続けよう。みんなで一緒にいることが重要だ」

 

Travis Scottのアルバム「ASTROWORLD」は以下のリンクからストリーミングすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS