NEWS

【米ビルボード・アルバム・チャート】故XXXTentacion首位デビュー

 

 

故XXXTentacion(エクスエクスエクステンタシオン)の『スキンズ』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 

本作『スキンズ』は、2018年3月31日付チャートで同首位を獲得した前作『?』から9か月ぶりにリリースされた、通算3作目となるスタジオ・アルバム。その間、6月に米フロリダ州で銃に打たれ、わずか20歳の若さで他界したエクスエクスエクステンタシオンだが、本作は生前に制作されていたと思われる楽曲を編集した全10曲で構成されている。1位獲得は2作目、TOP3入りは2017年にリリースしたデビュー・アルバム『17』(最高2位)から3作連続の快挙。

 

初動ユニットは132,000で、そのうちアルバム・セールスが52,000枚、およそ78,000がストリーミングによるものだった。今週のソング・チャート“Hot 100”には、アルバムに収録された全10曲のうち9曲がランクインしている。亡くなったアーティストのアルバムが同チャートで1位を獲得するのは、2016年4月に他界したプリンスのベスト盤『ザ・ベリー・ベスト・オブ・プリンス』以来、約2年半ぶりとなる。

 

先週No.1デビューしたミーク・ミルの新作『チャンピオンシップス』は2位にダウンしたが、エクスエクスエクステンタシオンとは僅差の122,000ユニットを獲得し、2週目で累計35万ユニットを突破するヒットを記録している。

 

先週の5位から3位に上昇したのは、マイケル・ブーブレの『クリスマス』。2011年10月にリリースされた本作は、同年12月10日付チャートから2012年1月7日付まで計5週間の首位をマークし、翌2012年の年間アルバム・チャートでは2位にランクインする大ヒットを記録。2013年以降も毎年ホリデー・シーズンになるとTOP10入りし、発売から7年連続のランクインを果たしている。TOP10以下にも、ペンタトニックスの『クリスマス・イズ・ヒア!』(11位)や、マライア・キャリーの『メリー・クリスマス』(17位)、ナット・キング・コールの『クリスマス・ソング』(18位)など、人気のホリデー・アルバムが上昇中。次週はホリデー・アルバムの売上がピークをむかえるだろう。なお、マイケル・ブーブレの新作『ラヴ』も19位にランクアップしているが、『クリスマス』ほどセールスは好調といえない。

 

日本では今週末12月21日に公開される映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックは、週間55,000ユニットを獲得して先週の7位から4位に上昇。先週8位まで一気に転落したトラヴィス・スコットの『アストロワールド』も、44,000ユニットを獲得して6位に再浮上している。

 

今週5位に初登場したのは、グッチ・メインの新作『イーヴル・ジーニアス』。週間ユニットは51,000で、そのうちアルバム・セールスはわずか5,000枚で、ストリーミングによる売上が大半を占めた。本作は、昨年12月にリリースした『El Gato: The Human Glacier』(最高28位)から1年ぶりにリリースされた13作目のスタジオ・アルバムで、TOP10入りは最高2位をマークした『Mr. Davis』に続く通算5作目。R&Bチャート、ラップ・チャートではいずれも3位にデビューを果たした。本作からは、ブルーノ・マーズとコダック・ブラックをゲストに迎えた先行シングル「ウェイク・アップ・イン・ザ・スカイ」(最高11位)がヒットしている。

 

続いて7位に初登場したのは、ベテラン・シンガー・ソングライターのジョン・メレンキャンプ。本作『アザー・ピープルズ・スタッフ』は、2017年4月にリリースした前作『サッド・クラウンズ&ヒルビリーズ』(最高11位)から1年半ぶりに発表された通算24枚目となるスタジオ・アルバムで、TOP10入りは最高10位をマークした『ノー・ベター・ザン・ディス』(2010年)以来8年ぶり、通算11作目の快挙。初動ユニットは44,000で、そのほとんどがセールスによるものだった。売上が伸びた理由として、コンサートチケットとの連動/償還が挙げられる。

 

Text:本家一成

◎【Billboard 200】トップ10
1位『スキンズ』XXXTentacion
2位『チャンピオンシップス』ミーク・ミル
3位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
4位『アリー/スター誕生』サウンドトラック
5位『イーヴル・ジーニアス』グッチ・メイン
6位『アストロワールド』トラヴィス・スコット
7位『アザー・ピープルズ・スタッフ』ジョン・メレンキャンプ
8位『ダミー・ボーイ』シックスナイン
9位『ストリート・ゴシップ』リル・ベイビー
10位『スコーピオン』ドレイク

 

Photo by Album Cover

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS