NEWS

カニエ・ウェストの「Yhandi」がリリースされない理由は、彼がDef JamとEMIを告訴したことと関係してると報道される

 

 

Kanye West(カニエ・ウェスト)が2件訴訟を起こしたとThe Blastが報じた。

 

一件目はEMIに向けたもので、2003年から彼等が管理している「The College Dropout」の楽曲についてである。

 

そしてもう一件はRoc-A-Fella Records、UMG Recordings、Def Jam、Bravado International Groupに向けたものである。こちらの件は、自身の楽曲の権利についての問題と、それに対して納得が行く金額の支払いがされていないという内容である。

 

今回The Blastが報道した法廷文書は編集されているため、訴訟の詳細は100%正確というわけではない。

 

カニエ・ウェストは新アルバム「Yandhi」を人質のような扱いをしており、この問題が収束するまでリリースを控える予定とも報道されている。

 

また法廷文書の中にはJay-Zの「The Blueprint」について「Jay-Zのキャリアを復活させた」として、同曲のプロダクションにいかにカニエが貢献したということが説明されている。

 

Shares

RELATED POSTS