NEWS

Drakeがまた記録更新へ!10年間で最も全米チャート1位を獲得した男性アーティストに

text: Greytest

 

「God’s Plan」が11週連続のBillboard HOT100の1位に輝き、そのあとリリースされた最新曲の「Nice For What」も引き続き2週連続1位をキープしているDrake。そんな絶好調のDrakeが新たに大きな記録を打ち立てた。

 

Drakeがこの10年で全米1位を獲得したのはトータルで33週にも及び、これまでBruno Marsが保持していた<男性ソロ・アーティストが10年間に最も多く全米1位を獲得した週数>の記録を打ち破ることになった。

 

 

2010年のRihannaの 「What’s My Name? feat. Drake」でBillboardチャートの1位を獲得し、その後2016年の「One Dance」で3週間連続1位、さらにRihannaの 「Work feat. Drake」で9週間1位を記録したことになる。

 

前述の通り、2018年に入ってからは「God’s Plan」と「Nice For What」でトータル13週連続1位を獲得したことになる。

 

 

そんなDrakeは6月に通算5枚目となるニュー・アルバム 『Scorpion』 がリリース予定。最新のInstagramのポストでは、Pharrell Williamsのレーベル、STAR TRACKのジャケットを着ている写真をアップしており、キャプションにはPharrellのハンドサインともいえる手の絵文字と、サソリ(=scorpion)の絵文字を添えている。新作にPharrellが参加していることは間違いなさそうだ。

 

🖖🏽🦂

champagnepapiさん(@champagnepapi)がシェアした投稿 –

Shares

RELATED POSTS