NEWS

ノトーリアス・B.I.G.の命日にDiddyがメッセージを送る。

 

 

若くしてこの世を去ったブルックリンのレジェンド、The Notorious B.I.G.(ノトーリアス・B.I.G.)。亡くなってから22年が過ぎた今も、彼の死を惜しむコメントが絶えない。

 

関連記事: King Combsが90年代への愛が溢れるミックステープをドロップ、父Diddyも参加。

 

ビギーの愛称で親しまれた彼の22回目の命日である3月9日に、Diddyがコメントをした。

 

「パーティーが始まったぜ!ハッピー・ビギー・デー。」

 

Diddyは、ビギーの命日を船の上で祝うという動画を投稿した。実際には、ビギーの誕生日である5月21日がブルックリンの祝日として指定されているが、彼はビギーの命日もこのように祝った。

 

また2017年の6月に、Wendy Williamsの番組内でDiddyはビギーの死について語っていたのも紹介したい。

 

「あの日の夜、彼はロンドンに行くはずだったのに俺がL.A.に引き止めんだ。このことにずっと悩まされているよ。ここは神が創った世界だし、神の計画だったんだろう。でも正直を言うと、彼をロンドンまでちゃんと行かせてやれなかったのは、俺が最も後悔していることの一つだ。」

 

LAで銃撃を受けて亡くなったビギーについて、後悔の念を語ったDiddy。もし彼がビギーを引き止めずにロンドンまで見送っていたとしたら、ヒップホップの歴史はどのようになっていたのだろうか?

 

Shares

RELATED POSTS