NEWS

Nas(ナズ)が自身の名作「Illmatic」への賞賛に疲れたと語る。「祝うことに疲れてしまったんだ。」

 

 

Nas(ナズ)が1994年にリリースしたデビュー・アルバム「Illmatic」。ヒップホップ史上最も偉大なアルバムのうちの一枚であるこちらの作品について、NasはHaute Livingにて語っている。長年賞賛され続けた名作「Illmatic」であるが、彼はなんとその賞賛に疲れてしまったと明かしている。

 

関連記事: Nasが、リハビリ中のDMXやGang Starrの故GuruとDJ Premierにメッセージを送る。

 

「すごくありがたいことだが、Illmaticを祝うことに疲れてしまったんだ。その行為自体が命を持つようになってしまった。5年前にNational Symphony Orchestraと20周年記念ライブをしたばかりだが、すぐに5年が過ぎた。聞いてもないのに時が流れる速さを教えてくれるカレンダーみたいなものだ。」

 

続けてNasは、以下のように説明している。

 

「Symphony Orchestraのショーを今年もやったよ。また新たなRIAA認定を貰った。恐縮だよ。ただ、一つだけのアルバムをこのように祝い続けるのは、なんか違うんだ。今まで10枚以上アルバムをリリースしてきたし、多くの曲を作る努力をしてきた。それなのに、この一枚だけを祝うのがダサいと思うんだ。だから、これ以上Illmaticを祝うことはもうない。皆、このアルバムを祝福してくれてありがとう。だが、これで終わりだ。」

 

「Illmatic」が何十年にも渡って祝福されることをありがたく思うと同時に、それが故に感じる疲れについてを語ったNas。彼は多くのアルバムをリリースしており、丹精を込めて作っているが、最初の名作だけが注目されることに違和感を感じているのもあるのだろう。7月にリリースしたばかりの新アルバム「The Lost Tapes 2」など、彼は現在も新しい楽曲を制作し続けているため、これからの活動にも引き続き注目したい。

 

View this post on Instagram

Haute Living, NY edition

A post shared by Nasir Jones (@nas) on

Thumbnail from instagram

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE