NEWS

故Lil Peep(リル・ピープ)のドキュメンタリー映画「Everybody’s Everything」の監督を務めた二人がインタビューに答える。「彼がどんな人間だったのか、知ってもらいたい」

 

 

故Lil Peep(リル・ピープ)のドキュメンタリー映画「Everybody’s Everything」の監督を務めたSebastian JonesとRamez Silyanが、Geniusのインタビューに答えた。Ramez Silyanは、リル・ピープの楽曲である「Girls」や「Hellboy」などのMVを監督した人物でもある。

 

関連記事: 故Lil Peep(リル・ピープ)の新EP「Goth Angel Sinner」がリリースされる。収録曲「When I Lie」のMVも公開

 

「この映画から受け取ってほしいメッセージとは?」という旨の質問をされたSebastian Jonesは、以下のように答えている。

 

「彼が亡くなってからあれこれ言っている人たちに、彼について考え直してもらったり、より理解してもらいたいんだ。彼が生きている間、多くの人が彼にチャンスを与えなかった。彼は誤解されていたし、それが悲しい。彼がどんな人間だったのか、知ってもらえたらいいなと思うよ。」

 

またRamez Silyanは、続けて「本を表紙で判断してはいけないように、物事を外見で判断してはいけないと彼は教えてくれた。この作品は、彼が創った自身の表紙の内側にいる人間のポートレートであって、それが重要なんだ。」と答えている。

 

映画と同名の新アルバム「Everybody’s Everything」が11月15日にリリースされる予定であるため、そちらも要チェックである。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING