NEWS

スヌープ・ドッグが殺人罪の疑いが晴れた24年前の裁判を振り返る。「俺も家族も、ただ祈った」

 

 

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が、24年前に第一級殺人の罪で起訴され、無罪判決を受けた日を自身のインスタグラムにて振り返った。

 

関連記事: DrakeとPusha Tのビーフについてスヌープ・ドッグがコメント。「リリシストとしてじゃなく、ヒット曲でアンサーした」

 

当時の映像と共に、スヌープは「24年前の今日。💙🙏」とだけコメントしている。デビュー・アルバム「Doggystyle」をリリースした1993年に、彼はライバルであるギャングのメンバーを銃殺した罪で起訴された。実際に銃を撃ったのはスヌープのボディーガードであり、スヌープは後部座席に座っていたのだが、様々な状況証拠から裁判の結果は正当防衛となった。

 

View this post on Instagram

24 years ago today 💙🙏🏽

A post shared by snoopdogg (@snoopdogg) on

過去のインタビューの中で「評決が読み上げられているとき、何を考えていた?」という質問を受けたスヌープは、以下のように答えている。

 

「神に任せた。表に出る感情はなかった。すべて内側にあった。俺も家族も、ただ祈った。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE