NEWS

Fat Joeが大金持ちから一文無しになった失敗談を語る「毎日5万ドルの現金を引き落としていた」

 

 

Fat Joeが、ヒット曲「What’s Luv?」をリリースした当時について、TIDALの番組「CRWN」にて語った。

 

関連記事: エミネムとMary J. BligeがFat Joeの新曲「Lord Above」に参加。「最近のエミネムのヴァースの中で最もいい」

 

「毎日5万ドルの現金を銀行まで取りに行ってた。俺のクルーの全員が白のキャデラックを乗り回していたんだ。インフルエンザみたいに広がっていったよ。」

 

当時のサクセスについて語ったFat Joeだったが、彼は続けて以下のように話している。

 

「それからある日、銀行に行ったんだ。そこで銀行員の女性に、口座に残金がないと言われた。ケツの穴がキュッとなったよ。マジで。漫画みたいに鳥が頭の周りを飛び回って、混乱する感じだ。」

 

最終的にFat Joeは「俺に金を借りてるやつを全員連れてこい」と伝えたと語った。
ヒット曲で一時は大金持ちになったが、仲間内での金銭の貸し借りなどを重ねていく内に残高がゼロになり、一文無しになってしまったFat Joe。お金は計画的に使うことの大切さを学ぶことが出来る失敗談である。

 

動画の一部を、以下のリンクからチェックすることが出来る。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE